ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

ペトロパブロフスク要塞とロシア・ルーブル




ロシア・ルーブルとペトロパブロフスク要塞について




@いいお天気です~☼


なんと、円安が進んでます!
メモ:米国ドルが107円台、ユーロ が138円台。

モスクワ、ロシア中央銀行。クズネツキー・モスト通りからすぐのところ。
黒塗りのトヨタ車がズラッと並んでいて、日本人として感激。
b0209886_13285631.jpg

St.ペテルブルグ、ペトロパブロフスク要塞にて
轟音とともに飛んできたヘリコプター

b0209886_12485248.jpg


ハッキリ言って庶民にとっては円安はあまり歓迎できません~
2年前は、ドルが80円、ユーロが100円って時もありましたから、
今となっては夢のような円高でした~
物価上昇なんてありがたくない話です。
しかし、一方円安、金利上昇をありがたく思う人達もいるのでしょうか?

高い尖塔が印象的!要塞内のペトロパブロフスク聖堂
b0209886_138636.jpg

先ほど、ルーブルRUBについて、Wiki読んでましたら、サンクトペテルブルクにも造幣局あるらしいと知り、
お財布に残っていた50ルーブル紙幣を眺めてみてビックリ!
このペトロパブロフスク聖堂が印刷されてました。
さらに、聖堂前の建物は造幣局ではありませんか。
今、撮った写真を見てみますと、確かに
造幣局(Монетный двор)のтный дворの部分が読めました。
ロシア語なんてワケ分かりませんから、今になってそうだったのか位の認識です。
b0209886_13461635.jpg

ペトロパブロフスク要塞は、ピョートル大帝よって1703年5月27日に要塞が建設された日から、St.ペテルブルグの歴史が始まった場所でもあるので、てくてくと宮殿橋を渡り訪れた場所でした。
b0209886_1411563.jpg

ネヴァ川沿いに建つエルミタージュ美術館を右手に見ながら宮殿橋を渡ると、
b0209886_14561061.jpg

左手に立派な建物が見えてきましたが、旧証券取引場でした。
手前の資生堂のポスターに“日本、頑張ってるな”と撮った一枚です~
50ルーブル紙幣をひっくり返すと、この建物もロストラの燈台と並んで印刷されてました。
b0209886_14241127.jpg

手入れされた美しい花壇のむこうに旧証券取引所と共に1810年に建てられた、
b0209886_1439417.jpg

ロストラの燈台が見えてます。

b0209886_16341327.jpg



@ところで、今回ロシア行きを決め、イザ出発となりセントレアで円を少し両替しましたが、
なんと、円からルーブルへの両替は手数料が17.4%と知り唖然としました!
どうしてこんなに高いのでしょうか?プッチーモ(Почему)?なぜ?
ユーロは、ちょーど優遇レートキャンペーンとかで、ルーブルに比べてグッと安かったので、
ロシアに入国し当座困らない程度のキャッシュをユーロも混ぜて、ユーロ3:ルーブル2で両替しました。

モスクワではあちこちに両替所があり、ドルとユーロの当日のレートを表示した看板がでていました。

クズネツキー・モスト通りのZARAのすぐそばにも
b0209886_16271237.jpg

ボリショイ劇場近くの通りにて

b0209886_1552357.jpg



モスクワ滞在中、ちょうどルーブルが安値をつけ、TVや新聞でも報じてました。
ロシアでは強いドルとユーロなのか?
b0209886_1526403.jpg


@いづれにしろ円安ですから、なんてたって円換算するとロシアでの買い物は高くつきます。


モスクワ、グム百貨店内
b0209886_1685357.jpg

可愛いアイスクリーム屋さん
b0209886_15451351.jpg

同じくグム百貨店内
b0209886_15535312.jpg

[PR]
by caramel24carat | 2014-09-12 15:55 | 旅行・建築・アート
<< パヴィリオンの間『孔雀の時計』... ロシアの信号 >>