ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

マティスの金魚




プーシキン美術館所蔵のマティスの『金魚』について



@秋晴れのいいお天気です~☼



“暑さ寒さも彼岸まで”と言いますが、昨日は、暑いくらいの見事な秋晴れでした~
出かけたフラワーパーク内に咲いていた彼岸花
b0209886_11342470.jpg

金魚の品評会にも遭遇したりしました~
b0209886_1025429.jpg

驚きました!金魚も非常に沢山の種類があって、
バラのように、新しい品種づくりに一生懸命な人たちがいるんですね!
b0209886_10262892.jpg


先日訪れた、モスクワのプーシキン美術館の別館、本館に比べてこじんまりした建物でした。
b0209886_1055610.jpg

正式には「プーシキン記念美術館・19~20世紀、ヨーロッパ・アメリカ、アートギャラリー」らしいですが、
b0209886_10555226.jpg

その中の3階に、アンリ・マティス/Henri Matisse(1869 – 1954)の作品が展示された部屋があって、

b0209886_10483572.jpg

なんとも和む『金魚 Goldfish』1911年 に遭遇しました~
b0209886_10491792.jpg

マティスは植物に囲まれたアトリエで作品をたくさん描きましたが
b0209886_10495185.jpg

モロッコの旅へ出かけた際、ガラス鉢に泳いでいる金魚を眺める現地の人々に出会い、
その後パリ郊外のイッシー・ レ・ムーリノー(Issy-les-Moulineaux Maison d’Henri Matisse)のアトリエに帰った直後から、金魚シリーズを11点?ほど描いているらしい。
b0209886_10501869.jpg

ロシアの実業家シチューキンとモロゾフによるコレクションを所蔵しているプーシキン美術館・別館ですが、
この『金魚』は、シチューキンがマティスのスタジオへ赴き直接買い上げたらしい。(シチューキンの注文で描かれた作品であったとも?)マティスはシチューキンのお気に入りで37点のマティスの絵を買ったらしいです。

展示されていたマティスのパレット
b0209886_11533714.jpg


タイルに描かれた女性の顔、1953年と花、1950年
b0209886_11555444.jpg


マティスの異次元に到達した感性のなせる洗練された線!?
[PR]
by caramel24carat | 2014-09-22 11:58 | 旅行・建築・アート
<< 血の上救世主教会 眺めのいい部屋 >>