ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

ドモジェドボ空港にて



前回で思い出した、ドモジェドボ空港での記録。



@降ったり止んだりですが、室温20℃前後で過ごし易い~☂

モスクワとは時差5時間。ですが、気温約20℃も低いとは。。

@旅の記録。

モスクワ、ドモジェドボ空港は大国ロシアの国際空港だけあって、たいへんボリショイな空港でした~

ドモジェドヴォ空港 Аэропорт Домодедово 、
Domodedovo International Airport

*写真は時系列には並んでいません

アエロエクスプレス(Aero Экспресс)、ドモジェドボ空港駅のホームからの眺め
b0209886_11191469.jpg

国際線出発ターミナルで。
ものすご~く大き~い出発便案内のフライトボード!
b0209886_12281272.jpg


大勢の人でごった返すターミナル
b0209886_125255.jpg


行きのお話ですが、約9時間のフライトを終え、空港に到着しますと、入国審査を受けるため列に並んで順番を待ちました。
どこの空港ででも同じですが、やっぱりロシアは緊張しました~
b0209886_11161256.jpg

やがて、自分の番になってちょっとドキドキしながらビザの添付されたパスポートを、クールな表情のお兄さんに差し出します。とっさに出てきた一言「スパシーバ」と発し、お兄さんを見つめますと、かすかに微笑んだのを見逃しませんでした~。少しカタコトロシア語を覚えたつもりでしたが、イザとなったら「スパシーバ・ありがとう」しか出てきませんでした~。お兄さん、いきなり「ありがとう」と言われ、トンチンカンにロシア語しゃべってるな!と苦笑いだったのかも知れません~。クールなお兄さん、パスポートをパラパラ捲って画面に向かって何やら打ちこんでいましたが、すぐ出来立ての入国カードを差し出し、「ここにサイン」と言われましたので、安堵しながらカード右下にサインをして入国審査完了でした。再び、ここぞと「スパシーバ!спасибо」とお兄さんに忘れず言い、無事通過しました~。2,3分くらいだったと思います。緊張の糸もほぐれて、次に向かったのは、トランクの受け取りです。

ここは、St.ペテルブルグからアエロフロートでモスクワに再び戻った時、トランクを受け取ったとこ
b0209886_1249466.jpg


受け取りの場所に行きますと、現地のやや厳しい表情のJALのスタッフが、すでにベルトコンベアから降ろし、「JALタグの付いたトランクは一ヶ所にまとめてあります~」と声をかけていました。
きっとよからぬこと、盗難が起きたりするのでしょうか?
空港やアエロエクスプレスのホームでは、サランラップでクルクル巻いたようなトランクをよく見かけました。

トランク・クルクル巻のコーナー
b0209886_11553392.jpg
このロシア特有のサランラップ巻トランクについては

空港で偶然前を歩いてた
オレンジ色のユニフォームから
はたと気づいたのですが

ロシアのニッチなビジネス
に書きました
先にサンクトペテルブルグへ行きました

行きの時は乗り継ぎのため、JALで預けたトランクを、乗り継ぎ地ドモジェドボ空港で一旦引きとって、次の目的地へ飛ぶS7・シベリア航空のカウンターで再び預け直さなければなりませんでした

さて、広~いターミナル、右か左かどっち?で迷った時、手っ取り早くそばにいた人に、つたない英語で、
「サンクトペテルブルグに行きたいんだけれど、どっちでしょう?」と尋ねますと、なんと、背後から「キャナイヘルプユー?」とすかさず英語の助っ人が現れて感激でした!「左の方へ行って、120番のところだよ」って教えていただきました。ほんとにロシア人は親切で優しいです。英語をしゃべる人もいて、何度もこういう親切な方に助けられました~。
b0209886_13164914.jpg

で、広~いターミナルをキョロキョロしながら、120番台のカウンターまで辿り着き、

b0209886_13451953.jpg

無事JALコードシェア便のS7のカウンター122番で、トランクを預け、ボーディングパスを受け取りました。

この後はS7・シベリア航空に搭乗し、St.ペテルブルグへ約45分のフライトでした。

同じロシア内でも、モスクワとサンクトペテルブルグでは1時間の時差があるのですね!
午後17:45発⇒⇒⇒午後19:30着、でしたが、
乗っていたのは約45分でした。



JL7171 ★
日本航空 17:50 19:30 1時間40分 月-水-金-日 A320 機材:S7


追記:2014.8月のこの時はサマータイムが実地

サマータイム実施時は、時差 -5時間です
備考
ロシアでは、2014年10月26日(日)に標準時の変更があり、大部分の地域では1時間遅くなって、通年「夏時間」から通年「冬時間」に変更になりました。 モスクワと日本の時差は、通年6時間です。



帰りの国際線出発ターミナルで。ズラッと並んだカウンターが192番まで!
「ABИAБИПETЫ」は、チケットですか?
b0209886_15244147.jpg

今回、St.ペテルブルグで4泊、モスクワで3泊の旅の最後、ドモジェドボ空港での
帰国便のJALカウンターは81番でした。トランクを預けほっとした瞬間です。
b0209886_1512457.jpg


行きの国内線の免税店。VICTORIA'S SECRET
b0209886_1349758.jpg

帰りは残念ながら見かけなかった。

ネットを活用したからこそのロシア一人旅でした。
ほんと行けてよかった~
PCの前ですべて完了、便利な時代です!

@ビザは、“ロシアビザセンター”のサイトからネットで申し込み、郵パックで送付でき、簡単に発行してもらえました。

@航空券は、JTBのサイトから希望のものを捜しだして申し込み、添付ファイルでeチケットを受け取り、
当日、印刷したものをカウンタで見せて航空券を発行してもらう。

@ホテルは、Booking.com。

@エルミタージュのチケットは、エルミタージュ美術館のサイトからカードで購入。
b0209886_14275123.jpg


https://www.hermitageshop.org/tickets/

2日券を購入しました。添付ファイルのバウチャーを印刷して、当日、エルミタージュで、ファーストディ券とセカンドディ券とに交換。この時、パスポートの提示を求められますので、カラーコピーしたものを見せました。
旅行中は、本物はセーフティ・ボックス・金庫にしまって出かけました。
[PR]
by caramel24carat | 2014-10-26 14:43 | 旅行・建築・アート
<< ロシアのニッチなビジネス モスクワ、ブヌコボ空港の気にな... >>