ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

フリッツ・タヴロウの≪マドレーヌ通り≫





フリッツ・タヴロウの≪マドレーヌ通り≫とシャネルについて



@今日は珍しく粉雪が舞ったりしました~◇☼☁



前回記事にUPした動画の中でココ・シャネルの話が出てきて、
一昨昨年のパリ旅行でマドレーヌ寺院にも訪れたこと懐かしく思い出しました。

昨年のモスクワ、プーシキン美術館の別館へ訪れた時、
≪マドレーヌ通り≫という作品にも出会いました。
部屋へ入ったとき、「ああ、マドレーヌ寺院だわ」とすぐ目に止まり、
嬉しかったのですけどね。
b0209886_184610100.jpg

モスクワ プーシキン美術館別館にて 2014.9

作品を前にキャプションを確認しますと確かに
マドレーヌ寺院とその広場から通りを行き交う
雨傘をさした人々のパリの風景画です。

≪マドレーヌ通り≫フリッツ・タヴロウ 1895年
FRITS JOHAN FREDERIK THAULOW
THE BOULEVARD MADELEINE IN PARIS
b0209886_1847773.jpg


ちょっと似たアングルの写真を撮っていたので印象に残っていたのかしら?
しかし、フリッツ・タヴロウの作品は、かなり高い位置からの眺めです。
ひょっとしたら、周りの建物の高い階の部屋から、窓の外の雨風景を描いていたのでしょうか?

マドレーヌ寺院にて  2012.7
b0209886_19165075.jpg


中で、アベマリアやヴィヴァルディの「四季」の演奏会を聴いたことも懐かしい。

b0209886_19185443.jpg


Frits Thaulow (Christiania, 20 October 1847 – Volendam, 5 November 1906)

フリッツ・タヴロウはノルウェーのオスロ生まれの印象派の画家。
Christianiaはかつてのオスロのこと。
父は裕福な化学者だった。
なんと、ポール・ゴーギャンの妹と結婚している。

b0209886_1847362.jpg


@シャネルは17年間住んだホテルリッツで1971年1月10日亡くなったあと、マドレーヌ寺院で葬儀が執り行われている。
87歳とは随分ご高齢だったんですね。
b0209886_2034989.jpg

多くのモード界の人々がシャネルの死を見送ったという。

@ちょっと調べて分かったのですが、シャネルのコードネームが、
なんと、「ウエストミンスター」だったとは驚きました~!


Lovers: Hugh Grosvenor, 2nd Duke of Westminster
b0209886_20345046.jpg

[PR]
by caramel24carat | 2015-02-09 20:50 | 旅行・建築・アート
<< シャガールの≪アーチストとフィ... 基軸通貨について >>