ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

ブルゴーニュのディジョンにて



昨夜は綺麗な三日月が見えました~


ナンシーNancyからディジョンDijonの駅に着いた時
プラットホームにエレベーターがなくて唖然とした!
階段の上で突っ立っていると
ちょうどタイミング良く駅のスタッフが
上って来て、ズムッとスーツケースを掴み運んでくれました!
「ムッシュ メルシーボクー」ってお礼言いますと
たぶん「ようこそ~ディジョンへ こっちのほうこそ不手際なんだから」
みたいなことをおっしゃってくださいました。
ホント嬉しかったけど、なぜないんだろう?
b0209886_159481.jpg

列車越しに≪日の丸≫が見えて、ナンだろう?
b0209886_1582839.jpg

と思ったのですが、降りてみると駅前の観光案内所に
立てられていたものでした。フランスとイタリアだと思ったけれどハンガリー!
あと2本はEU欧州連合の旗と、たぶん、ブルーと白に黄色い太陽の顔はアルゼンチンかな?
不思議な組み合わせでないですか?
なんか接点ってなんでしょうか?ワイン?それとも?

まあ、凄いね日本、やっぱり
美食の街ディジョンは、日本からの観光客が多いのでしょうか?
でも、エレベーターのない駅なんてアリエナイヨ
ちなみに、ディジョンからリヨンへのプラットホームは
駅の構内からそのままのホームでしたので安堵でした
b0209886_12302145.jpg

@今回の旅行中ダントツに目立ったのは
あのお隣大国、赤地に5つ☆の旗の国でした

無事ホテルにチェックインし
荷物をおき身軽くなって夜8時と言ってもまだ明るい
メインストリートであるリベルテLiberté通りを見学する

起点となるダルシーDarcy広場にて
b0209886_1855797.jpg

ディジョンのトラム ダルシ広場で停車
b0209886_13114135.jpg

広場にはBNP PARIBAS銀行の重厚な建物がありました
b0209886_1442431.jpg


撮った写真を見ながら面白いことに気付いた

翌日朝、7月10日(金)のギョームGuillaume門
b0209886_142677.jpg

着いた日の7月9日(木)まだ明るいが、夜8時過ぎごろ撮ったギヨーム門
b0209886_14322273.jpg

この門の2枚の写真ですが、見比べると

一目瞭然
翌朝の門柱にはフランス国旗が5本×2=10本も
華やかに添えられているではありませんか!


あの、昨夜の三日月ですが、確認すると、
2015年7月の月齢では19日が三日月で、21日は弓張り月でした
月が最遠とも。



ディジョンは旗をたてるのが好きなのか?
ブルゴーニュ公国時代の中世かのような
カラフルな旗が並ぶリベルテLiberté通り
b0209886_13231218.jpg



大発見!?やっぱり、“ディジョンは旗が好き”なんだわ!

それにしても、毎日夜にはしまうのでしょうか?
低い位置で盗難の恐れがあるとかの問題が
あったりするのでしょうか?


メインストリート、リベルテLiberté通りには
マイユMailleというマスタードの老舗があったりする
b0209886_13531746.jpg

翌日ですが、ボーヌへの日帰り旅行から戻って
お土産を買いに入った時の写真
b0209886_1350485.jpg

キレイなカラーのマスタードのビン並んでました

b0209886_13575750.jpg

お店はとっても賑わってました

ごく普通の粒マスタードを選んで会計持っていきますと
もっとスペシャルなものはどうでしょうかと勧められましたが。。
ふだん、あまりカラシなんて食べないのですけれどね


さらに進むとギャラリー・ラファイエットがあったりする
b0209886_16153864.jpg

ここも翌日入ってみましたがイマイチでした。
けっこう楽しみにしていたのですが。。

ベルリンにもギャラリー・ラファイエットあって
そっちの方がずっとよかった。
そいえば、“ベルリンの壁”とかは観なかった
あまりにも有名すぎて映像はよく見てたからかな

まあ旅行中はどこもかしこもセール中で
ついフラフラお店を覗いてみたりしたのですが、
帰りの手荷物の重量制限のこと考えると諦めるしかない。
また、送るほどの買い物でもないし。

さらにリベルテLiberté通りを進むと
ブルゴーニュ公国宮殿が建っている広場に着く
b0209886_118711.jpg


ディジョンはブルゴーニュ公国の首都として
フィリップ豪胆公(在位1363年~1404年)から
シャルル突進公(在位1467年~1477年)の
歴代4大公が治めた黄金時代があったらしい。
b0209886_17371249.jpg

宮殿は、後のヴェルサイユ宮殿を設計した
マンサールによって改築されたそうだ
b0209886_1743139.jpg

宮殿前の半円形リベラシオンLibération広場では
b0209886_17144941.jpg

噴水のまわりで遊ぶ人たちが楽しそうでした
夜も遅いのに小さい子どもたちの姿も見えて
驚きなんですが、バカンス真っ盛りのヨーロッパでは
日本の盆踊りの時のような時間感覚なのかも知れない


ひとり旅で困るのは食事
美食の街だからワインやシャンパンなのだろうけれど
いつも飲慣れないものを飲んでひっくり返っても困るので
b0209886_17976.jpg

喉の渇きにはビールが一番
b0209886_15543691.jpg

ホント美食には縁がない
b0209886_17281071.jpg

お肉苦手なので
だいだいいつも当たりハズレのないピザに
b0209886_1647579.jpg


本日は雨が降り涼しい~
そしてセミの合唱
そう言えば、アヴィニョンはセミがマスコットでしたが
ディジョンはフクロウでした~

ダルシ庭園Jardin Darcy前のフクロウのプレート
b0209886_1748510.jpg


ダルシ庭園Jardin Darcyの池
b0209886_17523474.jpg




翌朝にはディジョン名物の朝市に行ってみました

2015,7.9~7.11 Dijon
[PR]
by caramel24carat | 2015-07-22 18:00 | 旅行・建築・アート
<< ディジョンのマルシェと F・リ... シュテーデル美術館カフェにて至... >>