ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

ディジョンのマルシェと F・リュードとエッフェルについて


夏本番~


先日訪れたディジョン。
独断と偏見で“旗が好き”と認定しましたが
7月14日のフランス革命記念日の数日前でしたから
プチ凱旋門のギョーム門の旗はその準備だったのかも知れません

b0209886_1782374.jpg

2015.7.10

ディジョンのメインストリートはリベルテliberté(自由)通り
またその先にある広場はリベラシオンlibération(解放)広場と
名まえが付いてますから
b0209886_1710534.jpg

かつてブルゴーニュ公国がフランス王国に併合された歴史的背景から
きっと革命に対する思い入れが大変強い所なのかも知れない
ディジョンだけのことではないのだろうけれど
その解放の喜びが伝統的に受け継がれ
今もその自由を謳歌しているのかしらね

ディジョンの中央市場にて 2015.7.10
画面左に時計が見えてますが
壊れています 午前8時ごろでした
b0209886_16245937.jpg


7月14日フランス革命のスローガンは
自由・平等・友愛=liberté・égalité・fraternitéでしたが

で、思い出したのがリヒャルト・栄次郎・クーデンホーフ・カレルギー伯爵
あの「EUの父」と云われ映画『カサブランカ』のモデルにもなった
リヒャルト・栄次郎・クーデンホーフ・カレルギー伯爵の
お母さまクーデンホーフ・光子こと青山光子(みつ)は
青山の骨董商の娘だったが、日本の「紅葉館」前で出会い
オーストリア=ハンガリー帝国の貴族で外交官だった
ハインリッヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵と
1892(明25)年3月に結婚してる

@ここでEUとハンガリーと日本、登場


b0209886_16302544.jpg


ディジョンの駅前でみた5つの旗
フランス、EU=欧州連合、日本、ハンガリー、アルゼンチン
これらの接点をアレコレ強引に推測するなら

やっぱり≪自由・平等・友愛=liberté・égalité・fraternité≫
なのかも知れない

じゃ、アルゼンチンはどうなのか?
はっきり、わかりませ~ん


b0209886_1823501.jpg



ディジョンのプチ凱旋門ギョーム門から伸びる
リベルテliberté(自由)通りには
ディジョン出身の彫刻家の名まえを冠した
フランソワー・リュードF・Rude広場、別名、バロゼBas Roses広場ある
b0209886_1451239.jpg


噴水の中央には、リュード作の葡萄を踏む人の彫像や
赤い木組みの可愛い家とメリーゴーランドもあって
憩いの場だ
b0209886_1445257.jpg


その小さな広場の奥に、大きな中央市場があった
b0209886_18935100.jpg

その中央市場の水色の鉄骨の建物は
なんと、パリのシンボルのエッフェル塔を設計した
エッフェルさん代表のエッフェル社の設計なんだそうだ

エッフェル塔は1889年、フランス革命100年を記念して建てられたものだが
アメリカに贈られた自由の女神の鉄骨や
同年1889年のパリの女神像も担当している

エッフェルさんは、ディジョンの出身だったんですね
アレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル(Alexandre Gustave Eiffel,
1832年12月15日 - 1923年12月27日)
b0209886_17574475.jpg

@市場は火・水・金・土曜の午前中のみ営業
b0209886_1735321.jpg


場外には手作りの工芸品、木綿のレースワンピ、自然派の石鹸などいろいろ
b0209886_1564645.jpg

古本屋の日本の絵の本に目がとまった
タイトル「Les Neiges de L'excil」は
訳すと「雪の亡命」!?
男女の絵は、雪の日に駆け落ちした話なのか?
b0209886_1516442.jpg

こういう日本のものがフランスで出版されているのがオモシロイ


@肝心の噴水広場のフランソワ・リュードさんですが

François Rude (4 January 1784 - 3 November 1855)

なんと、パリの凱旋門の「ラ・マルセイエーズ」の彫刻で有名なんだそうだ


b0209886_1941754.jpg


ナポレオン1世の崇拝者であった彼が
そのナポレオンの命で建造された凱旋門にレリーフ彫刻を制作するというのは
フランソワ・リュードにとって大変名誉なことだったのでしょうね
ナポレオンは完成を見ずに亡くなったそうだが。

le Départ des Volontaires≪1792年出発≫[ラ・マルセイエーズ]
一番上の羽根を広げた人物は≪自由≫を表現しているという
b0209886_15295625.jpg

さらに、オルセー美術館にはリュード作の
≪永遠に目覚めるナポレオン≫の彫刻もあるらしい
Napoleon Awakening to Immortality (Musee d'Orsay, Paris)1846
b0209886_15324296.jpg

行ったことありますが、全く知りませんでした

今度、行く機会があるかどうか分かりませんが
もしパリにいったら忘れないように見なくちゃ

そして、ディジョンには複製品展示ながら
リュードの美術館もあったらしい

@ディジョン出身のF・リュードさんとエッフェルさんの登場で
ますますフランス革命記念日バンザイ!のディジョンではないか


b0209886_18184810.jpg


なんか胸がいっぱいで、ここのマルシェでのお買物は
ショコラのクロワッサン1コと
桃1コ(ぜんぜん美味しくなかった)。
[PR]
by caramel24carat | 2015-07-24 18:00 | 旅行・建築・アート
<< ジュネーヴ、ヴォルテール城にて ブルゴーニュのディジョンにて >>