ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

睡蓮の池とガラスの工場、ドレスデンにて



昨夜からの雨でかなり涼しいわ~




VWガラスの工場前の睡蓮の池



b0209886_102135.jpg




暑い暑いと言ってた7月、8月ですが
その「July」と「August」については

7月「July」は、あのローマの将軍シーザーこと
ガイウス・ユリウス・カエサル(Gaius Julius Cæsar)に由来し

8月「August」」は、カエサル(Caesar)=シーザーの養子で
ローマ帝国の初代皇帝になった
アウグストゥスが、8月19日に亡くなったことに由来する

ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス・アウグストゥス
Gaius Julius Caesar Octavianus Augustus
(紀元前63年9月23日 - 紀元14年8月19日)

皇帝アウグストゥスは「パクス・ロマーナ=ローマの平和」を実現した偉い皇帝だった
アウグストゥスは、ラテン語で「尊厳ある者」を意味するらしい


夏休みの宿題のようにまだまだ終わらない旅の記録
今回は、ドレスデンのVWのガラスの工場

ベルリンのあと、2時間ほど列車に乗ってドレスデンへ行きました
ドレスデンは、とっても素敵な街でほんと楽しかった

b0209886_1312271.jpg


エルベ川沿いに発達した街で、ザクセン王アウグスト強王の時
いわゆる「アウグストゥス時代」に、経済的にも繁栄し
豊かで美しい文化的な街として発展、
バロックの宮殿やお城や教会が建設され
また後年には、オペラ劇場も建てられた
b0209886_11132726.jpg

旧市街はコンパクトに収まっていて散歩していても
アッと驚くような景観に遭遇し、とても楽しかった

泊まったホテルも聖母教会のすぐ横で、ほんと便利でした
b0209886_11273685.jpg



タラレバですが、着いたその日すぐに、VWのガラスの工場へ
行っていれば、ツアーで見学できたのでした
到着日は、つい、浮かれてあっちこっち歩き回り

翌日に延ばして行ったので
ちょうどイベントが始まった日に当たり
ツアーはお休みだったんです
b0209886_12194895.jpg

ドレスデンでのミッションの一つとして
VWのガラスの工場(Die Glaserne Manufaktur)は
楽しみにしていたのに

一応事前に調べてあったのですが
行く直前に、場所などを確認してみると
どうも、お休みっぽい?
まあ、せっかくだから建物だけでも
と、出かけたのでした
b0209886_1344188.jpg


入り口は開いていて、中には、中国人の研修生らしき
若いグループがいました
b0209886_10132332.jpg

恐るべし、チャイナパワー

受付のお姉さんがいらして、ツアーのこと念のため
聞いてみますと、ヤッパリお休みっておっしゃる
b0209886_10162995.jpg

いいや~以前に映像で見たことありますし
ツアーの写真も撮れないことだし。。と慰めてみる
b0209886_11541761.jpg

工場は稼働していて、ロビーからチラッと見えました
ガラスの工場は、いくつものパーツを車体に組み立てる
組み立て専門のようです

VWのガラスの工場(Die Glaserne Manufaktur)の模型
b0209886_1227525.jpg


油っけのない組み立て工場の美しい楓材のウッドフロアは
長時間立って働く人に優しく負担が軽減されるそうだ
“Volkswagen Phaeton”フェートンと言う高級車専門らしい
ロビーからは、工場の雰囲気が、まさにガラス張りで
見ることができましたし
取りあえず入れてよかったわ~
b0209886_14502294.jpg


一応ミッション終了、ということで
建物前のカフェで休憩
ここでも喉の渇きを癒すべくアイスコーヒーを
b0209886_12152851.jpg

ドイツでマイブームだったアイスコーヒーは
たっぷりの量で
すぐエネルギーに変換する糖分も摂れますし

ああ~~~幸せ
パラソルの下は風も吹き心地よかった

“VWのガラスの工場前”には橋が掛かっていて
池には、睡蓮が咲いていた
b0209886_12355857.jpg

モネの庭みたいだわ、とカルガモの泳ぐ様子も眺めながら
ガラスの工場を後にしました

まあ、でも、なぜ、睡蓮だったのかしら?

「君子の行列」の壁の通りにとまっていた車
お馴染み日本企業名が3つも描かれていました
b0209886_13131712.jpg


@ドレスデンは、第二次大戦で
街のほとんどを壊滅的にやられたらしい
今の姿は、戦後、再建修復されたものである


[PR]
by caramel24carat | 2015-08-17 13:00 | 旅行・建築・アート
<< 幻影の街 ドレスデン 川沿いの十字架とマリー・エリザ... >>