ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

フルヴィエールの丘の古代ローマ劇場 リヨンにて



ニラの葉や 朝露こぼれる バッタかな~



b0209886_9235561.jpg

クサいニラとアサのバッタちゃん
ニセモノのことをどうして“バッタもん”というのかしら?






旅の記録は、リヨンのフルヴィエールの丘に登った時
b0209886_12471282.jpg

手前からリヨン旧市街、ソーヌ川、ローヌ川、新市街を眺める
b0209886_10253672.jpg


リヨンに、AD43年の古代ローマ劇場の遺跡が
あったなんてビックリしました
b0209886_11482540.jpg

2000年前のローマ劇場ではいったいぜんたい
どんな催事が行われていたのでしょうか

イベントがあるのかテントが張られ照明も設置されていた
b0209886_1054392.jpg

夏の間は、イベント「フルヴィエールの夜」が開催されているらしい

しかし、恐るべしローマ人
ずい分とかなり高い所に建設したんですね
石ころはソーヌ川で運搬されたのでしょうか

b0209886_10204752.jpg


すべての道はローマに通じる

とはよく言われますが、ホントにそうなんだ
と、実感~
b0209886_11193567.jpg




丘に登る途中、いい香りのラベンダーを見つけ休憩
暑い日でしたし、かなりな上り坂でした

前の人につられて、いつの間にか登ってました

b0209886_11531194.jpg

フルヴィエールの丘への登り口
古い建物が軒を並べる細~い道でした

b0209886_1232035.jpg




@白紙撤回に思うこと

そもそも、シャブシャブのオオクラからザイムに変わっても
予算の配分に群がるリケンの蜘蛛の巣は
払っても払っても、朝には張ってしまうのでしょうか
まさに、切れそうな蜘蛛の糸!?
ザイムのケイサンって別物なんですかね
シュケイキョクでは出世街道とリケンの板挟みで
もがいているピュアな人たちもいるのかしら

b0209886_1153723.jpg

好き勝手なこと言わせてもらえれば
コッカヨサンの実態、みてみたいです~

まあ、なんちゃて独り言ブログですが
でも、オープンにしてますので
それぞれの価値観の違う生き方や受け止め方で
b0209886_13182775.jpg

ズイブン偉そうなこと言ってる
傲岸不遜なけしからんヤツじゃ!
と眉を寄せる方もいらっしゃるでしょうか



@あと、この際、もう一つ言いたかったこと

制作会社やら出版会社やら〇×◆等など
子会社を☆の数ほどいっぱいつくってしまった
今では、コブつきでぜい肉もつき
だんだん身動きが取れないじゃないかしら
b0209886_1111219.jpg


この際、解散して白紙に戻ってピュアな
N日本人のための Hほんとうの日本人のための K声
を未来のために発信してほしいわ~

[PR]
by caramel24carat | 2015-09-02 13:27 | 旅行・建築・アート
<< ローヌ川からベルクール広場へ ... 今日のアゲハ >>