ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

ローヌ川からベルクール広場へ リヨンにて



アラびっくり カマキリ潜む 七変化

b0209886_1504948.jpg


ヘタな俳句モドキ笑っちゃうでしょ
可愛いランタナ(和名=七変化)に
葉っぱと同色のカマキリくんがいてビックリ!



今日のメモ

チャイナは天安門でパレード
キレイに決まっていて感動!?
270万人の軍人さんを30万減らすって?
ま、減ったところで、凄い数字!
軍隊意地維持費も大変というか
トンデモナイ大国なんですね

改正マイナンバー法と
改正個人情報保護法案成立

サノ師、ネットワークが在日関連らしく
盗作、次から次へとボロボロ出てきて唖然!



旅の記録は、リヨンのローヌ川(Le Rhône)
ギヨティエール橋の広場では
b0209886_1518085.jpg

メリーゴーランドがくるくる回転していて
“ジュール・ベルヌ”号で遊ぶ親子連れが微笑ましかった
b0209886_15152230.jpg

名まえがちょっとおもしろい“NINKASI”というお店で
マンゴージュースとここのウリの“トッピングバーガー”でお昼をとる
3種選ぶんだけど、ちょっと時間かかったわ
でも、サーブしてくれた女の子が興味津津に
どう?ってきくから、うん、美味しい!て答えた
サーモンとアボカドのマッシュとあとひとつは忘れたわ
b0209886_16255985.jpg

見上げると真っ青な空に飛行機雲
樹木の赤いお花はなんでしょう?
b0209886_16534488.jpg

ギヨティエール橋(pont de la Guillotière)に佇み美しい景観にウットリ
お天気も良かったし、ゆったりとした川の流れに
癒されました~

でもね、南仏の名物「ミストラル」が強烈に吹く季節もあるらしい
b0209886_15462412.jpg

かつて、“ローヌ川は物資の大動脈としてフランスの南北を結び
ワインがギリシア人によって最初にマルセイユに持ち込まれると
カエサル率いるローマ軍の進軍と、カトリック修道院の繁栄ともに
北に西に運ばれ、ブルゴーニュやボルドーといった名産地に伝播した
そのため、この流域には、プロヴァンス、コート・デュ・ローヌ、
ブルゴーニュとワインの産地が連なっている” Wikiより

ローヌ川岸のキレイな散歩道を
走る人たちもいた

b0209886_15323889.jpg

ローヌ川(Le Rhône)を渡ると
ローヌ川とソーヌ川にはさまれた街の中心に入る
みんなバカンス中の観光客なのか賑わっていた


b0209886_15481920.jpg

赤茶けた土のグランドのようなベルクール広場 (La place Bellecour)
b0209886_1715877.jpg

中心には、太陽王ルイ14世の騎馬像
b0209886_1641950.jpg

騎馬像の足元の男性像は“ローヌくん”
ローヌ川は男性名詞でLe Rhone(ル・ローヌ)

向う側には、女性像の“ソーヌちゃん”の女性像
ソーヌ川は女性名詞でLa saune(ラ・ソーヌ)

と、今知った 以下同様

ちょうど300年前、1715年に広場が建設される、
以来、周囲をマロニエ並木と道路が囲む

“赤い絨毯”とも呼ばれる美しい庭(Bellecour)には
なんと、1715年以前は、リヨンのカトリック大司教の
所有するブドウ畑だったらしい

で、ルイ14世の時に、ブドウの木は抜いたんですね!

リヨンと言えば、絹織物、またルイ14世の食卓には
お醤油があったらしいそうですから
日本とも縁が深いのでしょうね

ちょっと面白い看板があった

卍のバリエーションが並んでいる
JAPANのもある
b0209886_165101.jpg


MALTAもある 何でしょう?

b0209886_17162477.jpg

このベルクール広場のどこかに、サン=テグジュペリの像があるらしいが
ちょっと見つからなかった


古いビルの上階の解体現場 なるほど
b0209886_1722320.jpg


ショッピングが楽しい通り
ヴィクトル・ユーゴー通りってあっちこっちにあるんですね
b0209886_17565120.jpg

このあと、リヨン織物美術館へ行く
[PR]
by caramel24carat | 2015-09-03 18:00 | 旅行・建築・アート
<< ビールの女神“NINKASI” フルヴィエールの丘の古代ローマ... >>