ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

リヨン織物装飾美術館にて


朝日さす きらめく翅や 赤とんぼ



朝日が眩しいなか赤とんぼが舞い
キラキラと翅が光っていた      9月12日(土)


気まぐれランダムな旅の記録は

リヨンの織物美術館
b0209886_9523646.jpg

シャリテ通りに面していて、30番地のプレートを見つけるが
b0209886_8261115.jpg

もう少離れた34番地にありました
b0209886_9423173.jpg

門の向こうがリヨン織物装飾芸術美術館
b0209886_946373.jpg
  
住所
Musée des Tissus et musée des Arts décoratifs de Lyon
34, rue de la Charité, 69002 Lyon - France
b0209886_1036455.jpg

肖像画の人物は、ジャガード織機を開発した
ジョゼフ・マリー・ジャカール
(Joseph Marie Jacquard、1752年7月7日 - 1834年8月7日)
b0209886_9561372.jpg

ジャカード織機というプログラム可能な
初期の織機の開発で知られる人物

ジャカード織機は他のプログラム可能な機械の開発にも
重要な役目を果たし、後のコンピュータの開発にも繋がっている!らしい?


デバイスというかコンパスを持つ手が印象的
b0209886_1044430.jpg

リヨンの織物産業はすでにとても高度な技術を
持っていたことに驚きました

館内全体が保存のため照明をおとしていて
ちょっと暗かったので写真もあまり撮れてない

見事なゴブラン織りのタペスリーがならんでいた
b0209886_975756.jpg


部屋の真ん中にゆったりとしたソファが並んでいて
ついつい、深々と腰を降ろし寛いでしまい
b0209886_955299.jpg

また、冷房もあまりきいてなく、長く館内で鑑賞できなかったわ~

ミツバチをデザインした織物
b0209886_910132.jpg

なんとも美しい絹織物の布地
b0209886_10531616.jpg

チューリップと蝶とレースのなんとも美しい
絵画のような絹の布
b0209886_10561867.jpg

素晴らしい刺繍の見事なジャケットや
b0209886_1142082.jpg

ドレスや、貴族の靴などたくさん展示されていた
b0209886_1101729.jpg

ナポレオンの皇后ジョセフィーヌのものだったと言われる
ドレス等もあり

アイリス、カキツバタか
b0209886_1173959.jpg

また日本の着物も数枚あった
b0209886_1112327.jpg

美しい家具の並んだ部屋もあり
その中に時計があり、ちょうど同じ時間を指していたので
b0209886_11121120.jpg

動いているの?と聞いたならば、
毎日ネジを巻いているようなことを言ってました

王や貴族を飾った美しいファッションは
リヨンの絹織物から生まれたのでしょうね
[PR]
by caramel24carat | 2015-09-12 11:17 | 旅行・建築・アート
<< 芸術アカデミーで出会った“日本... 秋海堂とミュンヘンあれこれ >>