ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

芸術アカデミーで出会った“日本” ドレスデンにて


大漁だわ イワシか秋刀魚か うろこ雲

            きゃらめるキャラット

昨日、とても綺麗なうろこ雲をみました
店頭に並ぶ秋刀魚も高くなっていてビックリ


気まぐれランダム旅の日記は
まだ記録したいドレスデンあれこれ

先日、7月に訪れたドレスデンでも、2013年(2002年や過去多々)に
連日の豪雨でエルベ川が増水し大洪水に見舞われたらしい

b0209886_1544193.jpg

地名に「鬼怒川」や「王滝村」なんて名まえが付いているのは
昔にも、そんな名まえのつく自然現象があったのでしょうね
まあ、用心ですね!

拾った同じアングルの洪水の様子の写真を見つけた
b0209886_17461733.jpg

今になって知りましたが、行った時は晴れていてよかった

アウグスト橋を走る黄色のトラムがカッコよかった
b0209886_15125194.jpg


ゲーテもお気に入りだった見晴らしのよい
ブリュールのテラス(Brühl's Terrace)は
16世紀には エルべ川の堅固な要塞の一部だったらしい
b0209886_1536552.jpg

昔の人たちは、シッカリとした要壁をつくっていたんですね

ブリュールのテラス(Brühl's Terrace)を歩きながら
サマーセミナーなのか高校生たちに出会った
b0209886_15583346.jpg


重厚な建物を見上げると
なんと、ラファエロやミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチや
ルネッサンスの巨匠の名まえが刻まれていてビックリ

ここは芸術アカデミーの建物だった
b0209886_14283164.jpg

建築家コンスタンティン・リプシウスによる
1885年から1894年に建てられた芸術の殿堂

さらに見上げると建物の上部には
黄金の天使?女神?が立っている
ガラスのドームは通称“レモン絞り器” !なるほど
b0209886_13474030.jpg

テラスとは反対側からの眺め 
b0209886_1340937.jpg


テラス側、芸術アカデミーのパルテノン神殿風の
建物中央の扉から中へ入りますと
b0209886_14502457.jpg

破壊され修復された跡がある

b0209886_14492450.jpg

さらに奥に展示室があるらしく

無料、もしよければ
Free(If you Like)と読める
b0209886_16183455.jpg

何かな?と入ってみた

天井の高い広~い空間の中に
いろいろ展示されていた
b0209886_16361192.jpg

ふと、壁をみると
b0209886_161576.jpg

四方の白い壁には、数字がビッシリ埋まっていた
ひょっとして、アレ!?
b0209886_16264417.jpg

もしかして、ドレスデン空襲で犠牲になった方々の
いわゆる“マイナンバー”というか
個体識別ナンバーみたいなものでしょうか?

日本でも“マイナンバー”を導入するという法案が通過したそうですが
見た時、勝手な妄想をしてしまい
背筋がゾクゾクし、あまりイイ感じがしなかった
b0209886_16312966.jpg

もし、何か戦争なり大災害なりで亡くなったときは
個体識別番号としても機能し、国、地方自治体は
国民を管理しやすい~~と妄想


調べてみると
こんな一文にヒットした

Ausschnitt der Wandbespannung mit den Objektnummern
#1 (1873) bis #55.712 (2014)

1873年#1~2014年#55,712
オブジェクト番号と壁装材のセクション

この芸術アカデミーとザクセン芸術協会の入った
複合建築施設は、芸術ホール“リプシウス”(Kunsthalle im Lipsiusbau)と呼ばれ

建築教授コンスタンチン・リプシウスに因んで付けられたらしい
(Architekturprofessor Constantin Lipsius, „Lipsiusbau“ )


よく、ハッキリ分かりませんが
建築、文化財の保存と修復も手掛ける芸術アカデミーの
保存修復、復興作業”Lipsiusbauプロジェクト”で
ゴマンとある壁材等それぞれにナンバリングしていて
オレンジの数字を囲った物が展示されているらしい?

まあ、これで、イヤな思いこみが晴れてよかったわ~

展示物にはとても興味深いものがあった

釉薬タイルかな  
b0209886_1717022.jpg

螺鈿細工の大変手の込んだ秘密?の引き出し等が
たくさんついた趣味のため?のようなテーブル
b0209886_1125833.jpg

反対側は、職人技の素晴らしい手の込んだ鍵盤楽器なっていた
b0209886_11374644.jpg

王宮の内装に使われたらしい絹地の切れ端
b0209886_1146471.jpg

その展示物の中には、なんと
日本の物がいろいろあって驚いたのですが

日本の着物地のパターンのようなものが
たっくさ~んありました!?
その一部
b0209886_120141.jpg

あら!カキツバタ! 
尾形光琳の≪杜若図屏風≫を連想します
b0209886_1214913.jpg

やっぱり、マイセンゆかりのドレスデンは
江戸幕府や明治政府と密な交流をしていたのでしょうか?

地下へ降りる
レンガでビッシリ積まれてる いいのか?
b0209886_17191085.jpg

芸術アカデミーを出て庭を渡ると
b0209886_1727335.jpg

隣の建物アルベルティウム(Albertinum)の地階につづく
(ブリュールのテラスが高いせいか内側は低くなっている)

嬉しい!ミュージアムカフェがあって
b0209886_1724171.jpg

マイブームだったアイスコーヒーで一休み
この時は、珍しくチーズケーキもあっていただく
b0209886_12494337.jpg


そのあとアルベルティーナを見学
[PR]
by caramel24carat | 2015-09-14 17:33 | 旅行・建築・アート
<< 今日のお花 リヨン織物装飾美術館にて >>