ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

ミツウロコと奥平家と朝鮮銀行




春めいて光が明るいわ~~☼


前回、長篠城祉の展示室で見ました一枚の写真が
ちょっと気になって、チョコっと調べたりしました


長篠の合戦で織田信長が最新兵器だった火縄銃を使い
武田軍に勝利しましたが
その火縄銃のことを≪タネガシマ(種子島)≫と呼ぶらしい

“戦国時代の武将で種子島氏第14代島主であった種子島時堯(たねがしま ときたか)が16才の時
天文12年(1543年)、ポルトガル商人が乗った明船が種子島に漂着した。

好奇心旺盛な数え年16歳の時堯は、この時鉄炮の威力を見て2挺を購入。鍛冶職人八板金兵衛に命じて、鉄炮を分解させて調べさせ、鉄炮製造に成功した”

その種子島氏の家紋が、三つ鱗=ミツウロコ(北条氏の代表紋)
b0209886_16241958.jpg

このミツウロコ紋は、ウィーン分離派のクリムトの絵≪幸福への憧れ≫に見られる
(そうじゃないかと言われているらいしい)
ハプスブルク家と徳川将軍家とはいろいろナゾがありそう
b0209886_15322788.jpg

Gustav Klimt (July 14, 1862 – February 6, 1918)
明治前後、日本の家紋帳が輸出され人気だったようで
LVのバックにも登場していたことは以前に書いたことあったわ



火縄銃≪種子島≫のもう一挺は島津氏を通して、室町幕府将軍足利義晴に献上されたらしい

その時の薩摩島津15代藩主島津 貴久(しまづ たかひさ)についてWiki読みますと
島津本家分家で内紛があったらしいが、なんかややこしくてよく分からないわ
b0209886_17315846.jpg

しかし、文中に、「田布施」とか、「加世田」、「出水」という地名が登場する
これらの地名はよく聞いたことがある

田布施という地名は、鹿児島と山口にあるとはよく知られている

加世田市(かせだし)は、現在、南さつま市となったようだ
なんと、太平洋戦争末期には、最後の特攻隊の出撃地、万世飛行場が吹上浜にあった

この加世田市出身の著名人をみますと
なんと、元小泉首相のお父様がいらっしゃる
(元首相、特攻隊の写真を見ながら涙していた姿思い出しました)


ああ、少し、長篠の合戦で使用された火縄銃と元小泉首相の接点が見えてきたような

◆小泉純也(元防衛庁長官。小泉又次郎元逓相の婿養子、小泉純一郎元首相の父)
純也氏は、旧姓鮫島(さめじま)といい、小泉家へ養子に入ったらしい
従弟には朝鮮総連ビルで話題になったお坊さんがいらっしゃるという情報もある


館内の展示物に、奥平信昌の子孫の方の写真もありました

武田軍から長篠城を死守した城主奥平信昌は、信長の助言もあって
徳川家康の長女亀姫と結婚、徳川将軍家とは婚姻関係にある名家でした
とは、今知りました

長篠城は重要な要塞であったらしく、亀姫は家康から奥平家へのご褒美だった



ガラスケースの右中段の着物を着た女性が家康の長女亀姫
b0209886_15415768.jpg

そして、中央の胸像と写真の軍服姿の方が徳川家康の外孫の子孫の奥平 昌恭

@しかし、なんで、大分中津藩の方がココにいらっしゃるの?

中津城を読みますと、ややこしくてよく分かりませんが
“1717年(享保2年)に奥平昌成が、宮津藩から10万石で中津に移封となり、
以降明治まで奥平氏の居城になりました”

奥平 昌恭(おくだいら まさやす、1877年(明治10年)6月16日 - 1948年(昭和23年)5月4日[1])
b0209886_15584493.jpg

この方の経歴についてはいろいろ

官有財産調査会委員、国有財産調査会委員、臨時財政経済調査会臨時委員、極洋捕鯨監査役、飯野商事監査役、樺太鉄道社長、八千代生命社長、朝鮮銀行監事、国際日本協会長、交詢社常議員などを務めた
b0209886_1631437.jpg


いろいろ務められたうちの一つに“朝鮮銀行監事”がある

小泉純也氏の経歴を見ますと、朝鮮銀行でお茶くみをスタートに出世街道を歩まれている
ということは、朝鮮銀行でも接点が見つかったわ

また、根津美術館の根津財閥の大番頭だった鮫島宗一郎はいとこ、とも書かれている
じゃあ、朝鮮総連の鮫島〇×氏とも従弟だったからやっぱり親戚でしょうか

元に戻して奥平昌恭のお父様が、なんと、中津藩最後の藩主で奥平昌邁

中津藩というのは、大分の中津で、あの福沢諭吉の育った屋敷もあるところらしい

そして、奥平昌邁と福沢諭吉はお友達で、江戸に東上して慶應義塾に入学した
元藩士であった福澤諭吉、小幡篤次郎にアメリカ留学を勧められ
ニュージャージー州ニューブランズウィック地区に留学する

奥平 昌邁(おくだいら まさゆき、安政2年4月1日(1855年5月16日) - 明治17年(1884年)11月26日)は、豊前中津藩の最後(第9代)の藩主。中津藩奥平家13代。官位は従五位下、美作守。伯爵

昌邁は、もと伊予宇和島藩主・伊達宗城の四男として生まれ、文久3年(1863年)5月、奥平昌服の養子となる。また天保の改革を行なった老中・水野忠邦の孫娘と結婚している

@朝鮮銀行は、日本銀行の特殊銀行で、いわゆる朝鮮の銀行ではないようです

奥平昌恭と小泉純也との接点は朝鮮銀行かな

また、小泉元首相の時に国債残高が脅威的に増えたという事実もあるそうですが
ナゾだわ

現在は韓国銀行貨幣金融博物館となっているソウルの旧朝鮮銀行本館
b0209886_17155184.jpg

辰野金吾・中村與資平設計 ソウル特別市中区南大門路
[PR]
by caramel24carat | 2016-02-05 17:35 | 歴史・人物
<< クリムト≪DER KUSS≫の... 鬼がわらとライオンハートとある書 >>