ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

NYの老舗チャールズ・スクリブナーズ・サンズ出版



いいお天気になり気温も上昇~☀




公園の桜は蕾のまま
マグノリアがまだ咲いてました




NY

五番街

597 Fifth Avenue

夕暮れ時

なにやら雰囲気のある
窓ガラスのアールの美しい建物に遭遇

b0209886_09560699.jpg


現在はSEPHORA(化粧品)のお店



見上げますと

≪Charles Scribner's Sons ≫
と読めます

ちょっと調べてみますと

チャールズ・スクリブナーズ・サンズ
という
NYの老舗出版社の社屋だったボザール様式のビルでした

b0209886_09553184.jpg


アメリカって
「○○さんと▽▽さんの会社」というような
ヤング&ルビカムとか
2つ名前の並んだ会社名ってよく見かけますが

チャールズ・スクリブナーズ・サンズ
は初めて聞きました
(もともとちっとも詳しくないですけどね)

1846年創業の出版社で

1912年~13年に

マンハッタンの5番街の597番地に
スクリブナーの書店として建てられたらしい

アーネスト・フラッグ設計のボザール様式

建物の上層階の前壁面の円形メダルに

Benjamin Franklin,
William Caxton, Johann Gutenberg,
and Aldus Manutius.

4名の人物のレリーフが飾られている

それぞれのWiki読みますと
出版社ならではの歴史上の厳選された人物で
出版社としての
意気込みと情熱が感じられます


1846年創業の
チャールズ・スクリブナーズ・サンズは

もともと本社社屋は
1893年に建てられたニューヨーク市の21番街にあり

1913年の新社屋完成後に移転

b0209886_11120877.jpg
老舗名門出版社であるということですが

Charles Scribner's Sons のサイトによれば

名編集者のマックス・パーキンズという方が
フィッツジェラルドやヘミングウェイを見い出した、という

フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』
(映画化された『華麗なるギャツビー』)や

発行日 1925年4月10日
フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルド
Francis Scott Key Fitzgerald
発行元 チャールズ・スクリブナーズ・サンズ

b0209886_11372938.jpg
映画『華麗なるギャツピー』ってありましたが
見そびれて未だに見てません
観てみたいわ


ちょっとメモ
(5月公開の『カフェ・ソサエティ』観てみたい)




ヘミングウェイの『日はまた昇る』も
ギャツビーの翌年に出版されている

日はまた昇る
The Sun Also Rises
発行 1926年10月22日
発行元 チャールズ・スクリブナーズ・サンズ



ヘミングウェイの出世作

”1926年10月22日『The Sun Also Rises』というタイトルで
スクリブナーズ社から5,090部の初版が刊行され
1冊2.00ドルで発売された。
Cleonike Damianakesがブックカバー
のデザインを担当し
古代ギリシャ風の装丁を行った”



”1925年7月には自身と妻に加えて、小説家のハロルド・ローブ、小説家のドン・スチュワート、イギリス人女性のダフ・トゥイズデン、ダフの婚約者であるパット・ガスリー、少年時代からの親友のビル・スミスの7人で再びパンプローナを訪問した

8月18日にはスペインからパリに戻り、9月末にシャルトル大聖堂を訪れた際に「日はまた昇る」というタイトルを思いついたとされる[7]。この小説は1926年3月頃にほぼ完成し、4月にはニューヨークチャールズ・スクリブナーズ・サンズ社の編集者マックス・パーキンズに原稿を郵送したほか、出版社を紹介してもらったF・スコット・フィッツジェラルドにも助言を求めた[7]

この名編集者M・パーキンズの映画が
ジュード・ローとコリン・ファース主演であるようなのですが
これも観てみたい

追記

映画『ベストセラー』(原題)Genius
2016年制作

f:id:rocorinne:20161103223558p:plain



当時の書店の様子


優雅なアイアンの手すり

b0209886_11144821.jpg



図書館のように整然としてますね

b0209886_11153339.jpg




現在は


ニューヨークの大手書店
バーンズ アンド ノーブルの傘下のようです


日本の出版社も
そろそろな
感じもしますが









[PR]
by caramel24carat | 2017-03-28 16:50 | 旅行・建築・アート
<< 青いベルベットの布とジャイアン... ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの... >>