ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

青いベルベットの布とジャイアントマグノリアとヘンリー・モリソン・フラグラー




3月最後の日はあめ~☂



ワシントンD.C.

ナショナル・ギャラリー(西館)に展示されていた

青いベルベットの布に置かれた
真っ白なマグノリアが描かれた作品

とっても印象に残りました




≪Giant Magnolias on a Blue Velvet Cloth≫

1890

b0209886_12561186.jpg

Martin Johnson Heade
マーティン・ジョンソン・ヘイド
(August 11, 1819 – September 4, 1904)
American



b0209886_12573756.jpg


マーティン・ジョンソン・ヘイドの
マグノリアの静物画は

フロリダで制作されたようです

日本で見られるモクレンより大きくて
塩性湿地にも耐える種類のようです

ナショナル・ギャラリーにて
2017.2

b0209886_17141237.jpg



マーティン・ジョンソンは
ヘンリー ・モリソン ・フラグラーがパトロンになったことで
フロリダで安定してその後活動を続けたようです


b0209886_17273019.jpg




気になるパトロンだった
ヘンリー・モリソン・フラグラーとは?

Henry Morrison Flagler
(January 2, 1830 – May 20, 1913)

なるほど

スタンダード・オイルの創設者でもあり
フロリダ東海岸鉄道の開発に貢献した重要人物で
「マイアミとフロリダ パーム・ビーチの父」とも呼ばれる
大変富裕な実業家だったようです

フロリダのパーム・ビーチには
ヘンリー モリソン フラグラー博物館があるらしい


b0209886_16110618.jpg


そう言えば

2017年2月
トランプ大統領のフロリダの別荘マー・ア・ラゴに
安倍首相も訪れましたが

パーム・ビーチにある
2つの歴史的建物は

すぐご近所みたいですね


b0209886_16141464.png
マー・ア・ラゴも地中海様式の豪邸でしたが
ヘンリー ・モリソン ・フラグラーの邸宅も
当時流行のボザール様式の豪邸

おやっ!?

なんと

この方
石油で財を成して
キー・ウェストまでの鉄道敷設に投資したようです

キー・ウェストといえば
ヘミングウェイだわ!

一度行ってみたいと思っていたけど
ハリケーンがスゴイとこでしょ



1912年
フロリダ半島からキー・ウエスト間を橋でつなぎ
フロリダイーストコースト鉄道を開通させた実業家であるが

その後

鉄道はフロリダ全域を襲った
最大級のハリケーンによって破壊される

きっと車窓からは素晴らしい景色を
眺められたのでしょうね
b0209886_16513403.png
1935年(1912年~35年)までの23年間
この南の海を走り続けたという




思いがけず

ほんと思いがけず

ジャイアント・マグノリアから
ヘンリー・モリソン・フラグラーを知り

フロリダ東海岸キー・ウェストまで鉄道が走っていたとは
初めて知りました!

ヘミングウェイは
きっとこの鉄道に乗ったのでしょうね



















[PR]
by caramel24carat | 2017-03-31 17:00 | 旅行・建築・アート
<< 飛行機雲のアリとナシそしてヴォ... NYの老舗チャールズ・スクリブ... >>