ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

飛行機雲のアリとナシそしてヴォルテールの場合のアリ・ナシ





春うららな4月3日目~☀


はなにらが満開

b0209886_13290472.jpg




真っ青な空に
真っ白い飛行機雲が~

おやッ!?

b0209886_13340381.jpg



2機並んで飛んでますが
ニアミスか、いえいえそんなわけないし

飛行機雲を描いてるのは1機だけで
もう1機は雲ナシだわ?

飛んでいる高度が違うのかしら?

Q;飛行機雲はなぜできるか?

によれば
高度1万メートルでマイナス40℃の世界らしい
(気温20℃の場合)
100m上昇で0.6℃低くなる

といわけで
飛行機雲アリのほうが高い上空飛んでいるのね

そうだったんだ



ところで

ワシントンD.C.の
ナショナル・ギャラリー西館にて

b0209886_14094878.jpg




(旅行の記録まだ続けるつもり~)

なんと


b0209886_14125511.jpg



ワタシにとっては
かなり懐かしい人物

b0209886_14161709.jpg



あのヴォルテールさんに遭遇しました


b0209886_14195250.jpg



しかも
カツラありとカツラなし

アハハ~!?

b0209886_14202260.jpg




どういう意味があるのかしら?



ヴォルテールさんには
ホント驚きだワ

まさかワシントンD.C.でもお会いするとは

最初にお会いしたのは
サンクトペテルブルグのエルミタージュでした

この時は寝間着すがた
女帝エカテリーナ2世とは文通仲間だと知りました

そして
ベルリン近郊の
ポツダムのサンスーシ宮殿にて

プロイセンのフリードリッヒ大王のところに
お邪魔していたことがあったということで
小さな胸像が飾られてました

そして
それならということで

ジュネーブの
ロスチャイルド家の別荘にも近い
ヴォルテールの屋敷も
はるばる訪ねてました

そんなわけで

これまで
あちこちでお目にかかった
ヴォルテールの胸像が

ワシントンD,C.でも

2体も飾られていてかなり驚きました!




やっぱり
アメリカ建国の父
ベンジャミン・フランクリンに誘われて
フリーメイソンに入会した(1778年4月7日)

ヴォルテールさんは
啓蒙作家以外の重要な任務があったのかしら





















[PR]
by caramel24carat | 2017-04-03 15:00 | 旅行・建築・アート
<< ペンタゴンとモノクロスポンジ 青いベルベットの布とジャイアン... >>