ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

≪ナポレオンの戴冠式を鑑賞する人々≫とルーブル宮のピラミッドと≪第九≫



風薫る5月ももう半ば~

🍃

フランスの新大統領もマクロン氏の当選が確定し
(2017年5月7日、日本時間8日)

39歳という若々しい大統領の誕生に
清々しい気持になりましたが

なにはともあれ
若いって素晴らしいわ



2月に訪れたNYのメトロポリタン美術館には

有名なナポレオンがジョセフーヌに戴冠している
ダビットの≪ナポレオンの戴冠式≫を背景に描き
その巨大な作品を鑑賞する人々を描いた
ルイ・レオポルド・ボワイの作品が
興味深かったわ

2017.2

b0209886_10322369.jpg


Louis-Léopold Boilly
1810
≪The Public viewing David's"Coronation" at the Louvre≫
≪ルーブル美術館でダヴィッドの『戴冠(作品)を見る人々≫

b0209886_10272076.jpg


ナポレオンがフリーメイソンだった
というのは
肖像画から推察できましたが



ところで
新大統領になったマクロン氏ですが

報道によれば

15区の選挙事務所で当選の喜びの演説をした後

ルーブル宮殿に移動し

ちょうど中庭のガラスのピラミッドの前で
新たなる新大統領としての抱負を演説していたのが
とっても印象的でした

またべートベンの『歓喜の歌、第九』を合唱していたのも
これまた印象的でしたわ

ベートベンの『第九』は
EUの歌でもあったというのは
以前マイブログで書いてました

そして、今読み直してみて驚いたのは

新フランス大統領誕生と同じ
5月7日に初演されている

ベートベンの第九が初演されたのは
1824年の5月7日でした!
(ロシア皇帝アレクサンドル1世に献呈される予定だった)


フランス大統領が
ルーブル宮殿のガラスのピラミッドの前で

「自由、平等、友愛の理念のもと国民に仕える」
と演説してましたが

Liberté, Égalité, Fraternité
(リベルテ、エガリテ、フラテルニテ)

b0209886_11192764.jpg


マクロン氏の顔がズームアップされたとき

妄想好きなワタシはドキッとしました

b0209886_11240167.jpg



この図「ピラミド」+「アップの目」でお馴染みの
よく見るフリーメイソンみたい!?

さらに驚いたのが
獲得投票率の数字

66.06
6が3つ並んでいたけれど

マクロン氏66.06% 


以下参考


EUのスローガン「自由、平等、博愛」を唱えた

「EUの父」と云われる
青山栄次郎こと
クーデンホフ・カレルギー伯爵についても

前に書いてましたが

b0209886_11540636.jpg


ベートベンの第九が日本で初めて演奏されたとき
について知った時の記事

http://caramel24c.exblog.jp/23557640/

“国内初演の第九
1918年6月1日に、ドイツ兵捕虜により「第九」全曲演奏されたのが、日本における初演とされています。この事実は1941年に、この初演の2ヶ月後に板東収容所で「第九」(第1楽章のみ)を聴いた徳川頼貞が書いた『薈庭楽話』で明らかにされていましたが、長く無視され、1990年代になって脚光を浴びました。

「第九」交響曲演奏会
鳴門市では、国内で初めて演奏された6月1日を”第九の日”と定め、6月の第一日曜日に、県内外から500余名の合唱団が合流して国際色豊かに、第九のふるさとならではの演奏回を開催しております”

徳島県観光、阿波ナビ
http://www.awanavi.jp/feature/daiku.html














[PR]
by caramel24carat | 2017-05-09 12:01 | 旅行・建築・アート
<< バラが咲いた~そして懐かしいア... マリンブルーの風に吹かれて >>