ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

ドガの≪14歳のバレリーナ≫




うす曇りの土曜日~


この時期
うっかり忘れないように気を付けている
庭木への朝夕の水やりですが

🚿


NY
メトロポリタン美術館には

エドガー・ドガの1メートルほどの大きさの
バレエの衣装を着た少女の
彫刻がありました

エドガー・ドガ
≪14歳のバレリーナ(踊り子)≫

b0209886_10011067.jpg


ドガと云えば
パステル画が多いですが
彫刻はごく少ないようです


しかし
あっちっこっちの名だたる美術館に
同じような少女像があるのは
コピーかしら?

ボストン美術館にあるのは
ガラスのケースに入っているようなので
オリジナルなのかな


追記

1881年に生前唯一出品し発表した
≪14歳のバレーリーナ≫
の彫像は

いわゆるマダムタッソー館で見られるような
ろう(ワックス)人形にカツラや衣装を着けたものだったらしい
(明らかに批難されたようです)

ドガの死後ワックスの彫像は
ブロンズ彫刻として甦った
なんと
28体あるらしい!

というわけで

オリジナルはワックス(ロウ)だった為
溶かされ
あちこちに飾られているのは
かたどりされたコピーというわけですね
納得です



ちなみに
モデルの14歳の少女は
ベルギーからの移民の子で
洗濯屋と仕立て屋の両親の娘
マリー・ヴァン・ゴーテム
(Marie van Goethem)
でした

とてもリアルな少女像の
後ろ姿には
髪に大きなリボンが結んであります



b0209886_10070996.jpg


ドガは従軍の際
網膜をやられて”まぶしがり症”で
戸外よりも室内で制作活動をしたようだ

新興ブルジョワの銀行家の息子でもあった
ドガは
上流階級の社交場でもあった
パリオペラ座の会員になって

舞台袖や稽古場などに足繁く通って
練習に励むバレーダンサーを描いたようです

なんとなくうら寂しさを感じる
少女像

b0209886_10102685.jpg


当時のバレエ・ダンサーは
いわゆる舞妓さん的な存在で
紳士たちのパトロンの存在が大きかった、という
(貧しい移民の少女もいたとか)


この絵では
バレエを踊る少女たちの姿を
椅子に座ってふんぞり返って見学している
黒い服の紳士2人はパトロン的な関係者かしら
左側で両手をあげている紳士は
舞台監督かしら


≪舞台のバレエ稽古≫(1874)

b0209886_10262107.jpg

2017.2 メトロポリタン美術館にて


この絵は
とても有名な(油彩)作品ですが

2人の少女がバーにつかまって
稽古に励んでます

b0209886_10311764.jpg

よく見ますと
床にはジョーロが置かれています

稽古場にホコリがたつと
なんと
ジョーロで水撒きをしたのだそうだ!

ドガは1874年
負債を隠してた父親の死後
借金返済のため家財の多くを売り
またそのために
たくさんの作品を描いたという
パステル画が多いのはそのためかしら
(パステル画は制作に時間がかからない)


b0209886_11124903.jpg


ドガの制作魂と踊り子の清らかな美しい魂が
共演しているように感じられる




[PR]
by caramel24carat | 2017-06-24 11:17 | 旅行・建築・アート
<< サックラー家と鎮痛剤オキシコン... 久しぶりのどしゃぶり >>