ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

ゴッホの≪キョウチクトウ≫と夾竹桃のオレアンドリンについて




カラっとした夏の日~☀




炎天下で咲く
ピンクの華やかな夾竹桃は
街路樹や公園などでよく見かけられますが
インド原産らしい

今回もNY
メトロポリタン美術館の収蔵作品から

あの夏の花「ひまわり」で有名なゴッホさんですが
夏の花「夾竹桃」も描いてました

ゴッホ≪Oleanders≫
1888年8月


b0209886_13022212.jpg
2017.2




マヨルカの壺に活けた夾竹桃
そして
テーブルの上には
聖書と
エミール・ゾラの小説『生きる歓び』が
置かれている


b0209886_13105287.jpg


「oleanders オレアンダー」は「夾竹桃」のこと

b0209886_13043868.jpg

名まえの由来は
お花が桃に似て葉っぱが竹に似ているところから
「夾竹桃」らしい
「夾 きょう」は両側からハサムの意味


アルル時代の作品で

この時

≪ラ・ムスメ≫も描いている

ムスメは日本の娘のことを指し
ゴッホがピエール・ロティの『お菊さん』をイメージして
描いた作品とは
前にも記事にしてました

ゴッホ≪ラ・ムスメ≫
1888年7月
b0209886_13333374.png

娘の手には夾竹桃の枝が描かれています



ところで

夾竹桃のこと「oleanders」というらしいですが

なんと
驚きの事実を知りました!

夾竹桃は「オレアンドリン」という
強い毒をもった植物だという!


ネット情報によれば

夾竹桃の木は毒があって
根の張っている周りの土壌も危険らしい

そんなオソロシイ情報ですが、
今回、初めて知りましたが
なんと
実際、死亡事故があったらしい

かつて東名高速道路の建設現場で
お昼のお弁当の箸代わりに枝を折って使用し
3人が死亡したという
(仕出し弁当だったのかお箸が付いてなかった)

1975年、フランスではバーベキューで
夾竹桃の枝を折って串代わりにしたが
串焼きされた毒物オレアンドリンが染みた焼けた肉等を
食べた7人が死亡

1980年、千葉では夾竹桃の葉っぱを食べた(飼料として)乳牛
20頭のうち9頭が毒で死亡

今回、初めて知りましたが
めちゃくちゃ危険な植物ですね

毒性オレアンドリン
というか
夾竹桃
気をつけたいです

💔


一方

「毒には毒を以って制す」
じゃありませんが

広島では
原爆で焼かれた跡に
最初に咲いたのが夾竹桃だったので
復興のシンボルになっているらしい

夾竹桃に含まれる毒性のオレアンドリンは
熱に強く分解されにくいという
生木を燃やした煙も有毒らしい

そんな危険な夾竹桃ですが

復興のシンボルとして
広島の市花に指定されている、という


市の花として採用しているのは
他にもあって

千葉市
尼崎市
鹿児島市

とあります!?

長崎の佐世保市も指定されていたが
危険なので取りやめたらしい

まあ、驚きだです!

千葉市、尼崎市、広島市、佐世保市、鹿児島市

これらの市の共通点は
海に面した港があったりするのでしょうか
外国からの船が寄港するという共通点もアリでしょうか


なんとなく納得してしまう共通項で括られる5つの市ですが
ピエール・ロティの≪お菊さん≫は
長崎で船の修繕のため逗留していた時に
執筆されたものでした

1888年7月に
ゴッホは≪ラ・ムスメ≫を描いて
その2年後精神病院へ移り自殺しています

ゴッホの絵を見る限り
とても精神に異常をきたした人間とも思えませんが

夾竹桃の毒性オレアンドリン

なんか怪しいですね



ところで


拾った情報ですが

かつての台湾の指導者だった蒋経国総統(蒋介石総統の息子)の言葉がありました

「花が咲いても実にならない。夾竹桃のようなものになるな」


そういえば
蓮舫議員の二重国籍問題が問題視されてるみたいですが
ネット情報によれば
日本の宮家のやんごとなき血統の方みたいですね
(この際ハッキリと知ったほうがいいかしら)

b0209886_14165834.png


日本海軍大佐
伏見宮博義王(40歳没)


母は徳川慶喜の9女徳川経子


外交的な忖度に守られているのでしょうか






 










[PR]
by caramel24carat | 2017-07-21 14:22 | 旅行・建築・アート
<< ミンミンゼミ ラピス・ラグジュアリー・ブルー... >>