ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

2017年 07月 04日 ( 1 )

タカタとケンゾーとタヒチでの作品ゴーギャンの≪イア・オラナ・マリア(アヴェ・マリア)≫



ああ~日本の夏だわ~蒸し暑い


そしてキンチョウの夏 
カの季節 ~ 🐝
(チカラではなく蚊ですねん)


ところで

先日

タカタが経営破綻というニュースがありましたが
タカタというのは
あの彦根が創業地らしい

彦根は伊藤忠や薩摩治郎八ゆかりの地でした

創業者高田武三が織物製造を始め
軍需物品のパラシュートやなんかを作っていたらしい

その後時代とともに
車のシートベルト等を製造していた、という

タカタといえば
連想で思い浮かべるのは

KENZO

パリで大成功したファッションデザイナー
高田賢三氏!

ちょっと前々から気になっていたので
この際メモします

以前、モスクワのデパートに
KENZOのブランドショップがあってビックリしましたが
ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシーの傘下なんですかね

率直に言って特に好きなブランドではないのですが
(そもそもブランド品は縁がないのだけれど)

この方のテキスタイルって
昭和ノスタルジーのようなプリント生地なんで
なんでかな?

と思ったことがあったんだけど

パリにブティックをオープン当初は
安い生地を日本から持ってきて制作したと
(お布団の生地なんかもあったみたい)
読んだことがありました

(高田賢三氏は姫路出身ということですが
淡路島とも縁があるらしい)


パリのパレ・ロワイヤル近くの
ギャラリー・ヴィヴィエンヌに
「ジャングル・ジャップ」ってお店を出したころ
「ELLE」誌の目に留まって
大人気になったらしい


b0209886_14464482.png
そして
≪ケンゾー≫ブランドの
日本、中国、アジア、東欧、インドなんかの民族衣装のような
エスニックなフォークロア・ファッションが流行り
パリで大成功したようです

パリに豪華な大邸宅を建て
(今はもう売却されたようです)

≪ケンゾー≫ブランドを公私ともに支えた
グザヴィエ・ドュ・カステラ氏と
長年パートナーとして一緒に
豪邸に暮らしていたそうです

この関係は
イヴ・サンローランと似てますね

賢三氏のパートナーであった
グザヴィエ・ドュ・カステラ氏は
名まえからしてフランスの貴族っぽいですが

なんと
フランス国王ルイ14世から伯爵を授かったという

カステラはキャッスルで
訳せば「お城のグザビエさん」というから
やっぱりお城持ちだったのでしょうか
(スイス・ベルギー人)

フランス国王ルイ14世は
パレ・ロワイヤルに育ち
のちにヴェルサイユ宮殿を造って引越しした
最強の太陽王でした

京都から輸入した
宰相リシュリューのマザラン櫃もありました

ケンゾーさんが開いたブティックは
パレ・ロワイヤルから
すぐ近くの
ギャラリー・ヴィヴィエンヌ

(ここは以前行ったことあって
ギャラリー・ヴィヴィエンヌとパレ・ロワイヤルはすぐ近く
その後パレ・ロワイヤルの角にある
ヴィクトル・ユーゴーの住まいへ行ったことがありました)

日本が誇るパリで大成功した
ファッションデザイナー高田賢三氏ですが

ケンゾー氏とグザヴィエ・ドゥ・カステラ氏の出会いは
どうだったのか分かりません



敢えて妄想するなら
パレ・ロワイヤル関係かしら!?

以前ルイ14世の食卓に
お醤油がのっていたという情報を知り
とても驚いたことがありました


そんなこんなで
ひそかに
高田賢三氏は
やんごとなき出自の方じゃないかしら
と妄想いたしております


KENZOのエスニックなプリントは
どこか昭和ノスタルジーな雰囲気を醸し出していて

タヒチのパレオを連想し


あのフランスの巨匠
ポール・ゴーギャンのタヒチで制作された作品を
思い出します

タヒチといえばゴーギャン
ゴーギャンと言えばタヒチ

NY
メトロポリタン美術館には


b0209886_15284944.jpg
ゴーギャンの
≪ イア・オラナ・マリア(Ia orana Maria)≫
(アヴェ・マリア)
1891年

がありました

赤いパレオを纏っている女性は聖母マリアを表し
肩に乗っている子はイエス・キリスト表現しているんだとか

マリアとキリストにお祝いを述べている
左側の女性2人の後ろには
そのことを告げた
黄色い翼の天使が描かれている

≪ イア・オラナ・マリア(Ia orana Maria)≫と
作品の左下の黄色い帯に文字が描かれているが

現地語で
「おめでとう マリア」の意味なんですって
つまり
≪アヴェ マリア≫

b0209886_12260677.jpg
2017.2

ゴーギャンは
この作品の出来上がりにとても満足していたようです


b0209886_09341337.jpg


日本でもお馴染み
ゴッホと喧嘩別れした後
ゴーギャンは晩年タヒチへ移り住み
そして
現地の女性を描いた作品がとても有名なんですね

時代は前後しますが

あのナポレオンの2番目の妹ポーリーヌは
夫の赴任でタヒチへ行き数年暮らしている
(夫は黄熱病で死亡)

KENZOのブティックって
マドレーヌ寺院のそばにもありました
(今現在は分かりませんが)



タヒチはカトリック教徒が多い
フランスの植民地だったようです




シャルル・ド・ゴール大統領の時は
核実験が行われたようです














[PR]
by caramel24carat | 2017-07-04 15:41 | 旅行・建築・アート