ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

2017年 11月 01日 ( 1 )

大砲王クルップと馬車でシベリア大陸横断した榎本武揚



今日はホッカホカのいい日でした~☀

ところで

驚きだけど

!!!

榎本武揚という人物は
なんと
ロシアのサンクトペテルブルクへ
三年間、駐露特命全権公使として赴任していたんですね

b0209886_21365739.png


血の上救世主教会 2014,8


1874年、3月10日に横浜を出発
パリ・オランダ・ベルリンを経て、6月、サンクトペテルブルグに
着任

そして

着任早々の6月18日
なんと
ロシア皇帝アレクサンドル2世に謁見している
また、20日には一緒にクロンシュタット軍港を視察した、という

しかし

7年後の1881年3月13日(3月1日、ユリウス暦)

ロシア皇帝アレキサンドル2世(Александр II)

社会主義を実現しようとする「人民の中へ」をスローガンに唱える
ナロードニキによって暗殺されてしまったが

テロの現場に建てられた
血の上救世主教会の過去記事

2014.8 サンクとペテルブルクにて


榎本武揚は

翌年
1875年(明治8年)5月7日

駐露特命全権公使として
ロシアの外務大臣アレクサンドル・ゴルチャコフ
樺太・千島交換条約を締結した



月日は流れて
赴任の3年間が終わると

なんと

約12000キロの距離を

鉄道と馬車を乗り継いで

シベリア大陸を横断したという

(66日間の行程だった)

1878年、7月26日、出発~
サンクトペテルブルグからモスクワまでは汽車に乗り
鉄道の旅でしたが

その後は
2頭立ての馬車を2台チャーターし
(武揚、助手、通訳、御者の4人いた)
シベリア大陸を馬車で横断したという!

2ヵ月後
9月29日、ウラジオストック到着

そこで黒田清隆が手配していた汽船・函館丸に乗船し
10月4日小樽に帰着
札幌滞在の後、10月21日に帰京した

ほんとアンビリーバブルな方ですね!

榎本武揚のお父様は日本地図を測量作図した
伊能忠敬の内弟子だったらしい

その父親譲りの何でも見てやろう的な
好奇心旺盛な精神をもつ冒険家でもあったのでしょうか

シベリア鉄道が開通するのはまだ先の
1904年なんですね


まあ、しかし

馬車で寝たりもしたそうですが
約10,000キロ

もう一度言いますが
シベリア大陸を馬車で横断
とはなんという豪傑だったのでしょうか!

ロシア帽を被った榎本武揚
b0209886_20274532.jpg




榎本武揚という人物は
旧幕府軍のリーダーで五稜郭で
討ち死にされたのかと思ってましたが

そんなわけで

強靭に生きてらしたのですね
(歴史疎いものですからほんとごめんなさい)

しかも驚くことに
ロシアからの帰国後は

明治新政府の大臣を歴任しているのに驚きます



第1次松方正義内閣では外務大臣
(1891年5月29日 - 1892年8月8日)

第2次松方正義内閣と第2次伊藤博文内閣では農商務大臣
(1894年1月22日 - 1897年3月22日)

と、大変な有能な人物だったのですね

維新前の幕末の

青年のころには

幕府がオランダに発注(1862年3月)した
蒸気軍艦≪開陽丸≫がらみで
オランダへ5年間留学もしている

1862年6月18日品川を咸臨丸で出発~
8月23日長崎到着後、9月11日、オランダ船カリップス号に
乗り換えて長崎を出発~

途中、ナポレオンの住まいのあったセントヘレナ島を見学し

1863年4月18日、オランダのロッテルダムに到着した

オランダではハーグに下宿し
船舶運用術、砲術、蒸気機関学、化学、国際法を学んだ、という

🚢

ここでふと妄想するのですが

オランダに留学したあと
サンクトペテルブルクを建都したピョートル大帝と
かぶりました~

🚢


榎本武揚はオランダで開陽丸の出来上がる5年の間に
精力的に先進国を訪問している
イギリスでは旅行、造船所や機械工場、鉱山などを視察
フランスのパリへも行き、幕府が軍艦建造・購入の
提案を受けたことで
フランス海軍と交渉したりもした

またプロシア・オーストリア戦争の
戦線見学でデンマークも訪れた

そして

ドイツのエッセンにあるクルップの本社も見学し
アーノルド・クルップと面会したという


クルップは車輪と鉄道のレールで急成長し
やがてスチールも開発

b0209886_21220044.jpg


ニュルンベルクの鉄道博物館にて

クルップ社は
戦争時には大砲や兵器や戦車をも造ったので


アーノルド・クルップは「大砲王」や
また「死の商人」と呼ばれたという

(炭鉱町エッセンにあるクルップ社は
ドイツ最大の鉄鋼・兵器製造企業
新興軍事国家のプロイセンに高性能の大砲を供給していた)


以上
ザーッと榎本武揚という
大変な人物の経歴を眺めましたが


サンクトペテルブルグを建都した
ピョートル1世と似ているように思う


すべて
徳川幕府から明治新政府への
江戸城無血開城は周到に計画されていて

旧幕府軍の反分子を
江戸から一番遠い蝦夷地に
遠ざけた


b0209886_18123360.jpg


榎本武揚はその特命を受けていた
大立役者だった

のではないかしら





バームクーヘンも大好き
b0209886_11511480.jpg














[PR]
by caramel24carat | 2017-11-01 21:40