ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

カテゴリ:旅行・建築・アート( 140 )

ジャングル・ジャップの壁はルソーの≪夢≫そしてセブン&アイのCMソングは≪レーヴ≫



明日はもう七夕ですね~⛅


ロマンチックな彦星と織姫のお話ですが
かつては短冊に一杯お願い事を
書いたりしましたが
そんな他力本願な他愛もないことって
癒されるわ~

☆彡

NY
近代美術館(MOMA)には

アンリ・ルソーの作品があり
≪眠るジプシー≫は前にUPしましたが

南国のジャングルに横たわる女性が印象的な
とても有名な作品がありました

≪夢≫

b0209886_12092184.jpg

2017.2

税関務めのルソーは
南国へは行っておらず
パリの植物園や自然史博物館でスケッチしたものを元に
絵画制作しました

まさに夢を描いたような作品


Henri Rousseau
≪The Dream≫
1910


b0209886_12173280.jpg


MOMAにて 2017.2



上のキャプションを見ますと

ネルソン A. ロックフェラー氏が
1954年にMOMAに寄贈されたようですね

Wikiによれば
”ネルソン・アルドリッチ・ロックフェラー
(Nelson Aldrich Rockefeller)
1908年7月8日 - 1979年1月26日)は、ニューヨーク州知事
およびアメリカ合衆国第41代副大統領
愛称は1ロッキーRocky)。”

ネルソン・A・ロックフェラーの
祖父は石油王(スタンダードオイル)の
ジョン・ロックフェラーで
一人息子のジョン・ロックフェラー2世の奥様である
ネルソンの母親はMOMAの設立に貢献している

ネルソン A・ロックフェラーの
息子マイケルは人類学者で
探検先のニューギニアで行方不明になったという

マイケルが世界各地でコレクションした美術品は

MOMAに寄贈されたらしい



そんなロックフェラー家のコレクションだった
アンリ・ルソーの名画
≪夢≫ですが

なんと

前回、パリのファッションデザイナー
KENZOについて
書きましたが

高田賢三氏が初めてパリでブティックを開いたのが
パレ・ロワイヤルに近いギャラリー・ヴィヴィエンヌでした

そこにお店を借りた経緯には
幸運な運命的な出会いがあった、という

ギャラリー・ヴィヴィエンヌのオーナーであった
マダム・スパングレーに
蚤の市で出会ったことがきっかけで
お店を借りることができたらしい

さっそく夢を叶えるべく第一歩は
日本へ帰国し
トラックいっぱいの着物の反物や浴衣生地などを
パリに持ち込んだらしい(なるほど)

そして
「ジャングル ジャップ」と名付けられた
お店の壁に

アンリ・ルソーの
≪夢≫を
ペンキで描いたそうだ

b0209886_13015730.jpg



ルソーの原画とつい見比べてしまうわ

b0209886_12092184.jpg





ケンゾーブランドの原点は
アンリ・ルソーの≪夢≫だったんですね




しかし
蚤の市で偶然にあったという
マダム・スパングレーの
人を見る目も
不思議ですし

1968年ころの
賢三氏のアパルトマンは
なんと
バルコニーに囲まれた気持ちのいい
ペントハウスだったらしい

LVMHに自社ブランドKENZOを売却し

フリーになった高田賢三氏は
バカラの仕事もしていたという情報がありましたが

NY,MOMAのすぐ前には
バカラのホテルがありました!

なにか関係があるのでしょうか?


高田賢三氏は

2016年6月2日
フランスの名誉あるレジオン・ドヌール勲章の
シュヴァリエを授与されている

憲法評議会のプレジデントのローラン・ファビウス( Laurent Fabius)から
憲法評議会の荘厳な建物の中で授与された そうですが

その勲章の授与式が行われた荘厳な建物の広間は
パレ・ロワイヤルの庭園に面しているらしい

なんと
パレ・ロワイヤル!

フリーなられた高田賢三氏は
日本でも活躍中

セブン&アイホールディングスのPBで
デザイナーを務めたらしい
(2015~2016はジャンポール・ゴルチエだったとか)

2016年から一年間の期間限定
(2016年08月18日発表)

「SEPT PREMIÈRES by Kenzo Takada」

(「Sept」は「7」)

ケンゾー氏の好きなシャクヤクがモチーフらしい

b0209886_13481983.jpg





このTVのCMソングがあって

なんと

タイトルは
「rever」(レーヴ)「夢」でした!

小室哲哉氏が作曲してるんですね



b0209886_13442414.jpg



なんとなく

白洲次郎や薩摩治郎八と重なります~
気のせいかしら









[PR]
by caramel24carat | 2017-07-06 13:51 | 旅行・建築・アート

タカタとケンゾーとタヒチでの作品ゴーギャンの≪イア・オラナ・マリア(アヴェ・マリア)≫



ああ~日本の夏だわ~蒸し暑い


そしてキンチョウの夏 
カの季節 ~ 🐝
(チカラではなく蚊ですねん)


ところで

先日

タカタが経営破綻というニュースがありましたが
タカタというのは
あの彦根が創業地らしい

彦根は伊藤忠や薩摩治郎八ゆかりの地でした

創業者高田武三が織物製造を始め
軍需物品のパラシュートやなんかを作っていたらしい

その後時代とともに
車のシートベルト等を製造していた、という

タカタといえば
連想で思い浮かべるのは

KENZO

パリで大成功したファッションデザイナー
高田賢三氏!

ちょっと前々から気になっていたので
この際メモします

以前、モスクワのデパートに
KENZOのブランドショップがあってビックリしましたが
ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシーの傘下なんですかね

率直に言って特に好きなブランドではないのですが
(そもそもブランド品は縁がないのだけれど)

この方のテキスタイルって
昭和ノスタルジーのようなプリント生地なんで
なんでかな?

と思ったことがあったんだけど

パリにブティックをオープン当初は
安い生地を日本から持ってきて制作したと
(お布団の生地なんかもあったみたい)
読んだことがありました

(高田賢三氏は姫路出身ということですが
淡路島とも縁があるらしい)


パリのパレ・ロワイヤル近くの
ギャラリー・ヴィヴィエンヌに
「ジャングル・ジャップ」ってお店を出したころ
「ELLE」誌の目に留まって
大人気になったらしい


b0209886_14464482.png
そして
≪ケンゾー≫ブランドの
日本、中国、アジア、東欧、インドなんかの民族衣装のような
エスニックなフォークロア・ファッションが流行り
パリで大成功したようです

パリに豪華な大邸宅を建て
(今はもう売却されたようです)

≪ケンゾー≫ブランドを公私ともに支えた
グザヴィエ・ドュ・カステラ氏と
長年パートナーとして一緒に
豪邸に暮らしていたそうです

この関係は
イヴ・サンローランと似てますね

賢三氏のパートナーであった
グザヴィエ・ドュ・カステラ氏は
名まえからしてフランスの貴族っぽいですが

なんと
フランス国王ルイ14世から伯爵を授かったという

カステラはキャッスルで
訳せば「お城のグザビエさん」というから
やっぱりお城持ちだったのでしょうか
(スイス・ベルギー人)

フランス国王ルイ14世は
パレ・ロワイヤルに育ち
のちにヴェルサイユ宮殿を造って引越しした
最強の太陽王でした

京都から輸入した
宰相リシュリューのマザラン櫃もありました

ケンゾーさんが開いたブティックは
パレ・ロワイヤルから
すぐ近くの
ギャラリー・ヴィヴィエンヌ

(ここは以前行ったことあって
ギャラリー・ヴィヴィエンヌとパレ・ロワイヤルはすぐ近く
その後パレ・ロワイヤルの角にある
ヴィクトル・ユーゴーの住まいへ行ったことがありました)

日本が誇るパリで大成功した
ファッションデザイナー高田賢三氏ですが

ケンゾー氏とグザヴィエ・ドゥ・カステラ氏の出会いは
どうだったのか分かりません



敢えて妄想するなら
パレ・ロワイヤル関係かしら!?

以前ルイ14世の食卓に
お醤油がのっていたという情報を知り
とても驚いたことがありました


そんなこんなで
ひそかに
高田賢三氏は
やんごとなき出自の方じゃないかしら
と妄想いたしております


KENZOのエスニックなプリントは
どこか昭和ノスタルジーな雰囲気を醸し出していて

タヒチのパレオを連想し


あのフランスの巨匠
ポール・ゴーギャンのタヒチで制作された作品を
思い出します

タヒチといえばゴーギャン
ゴーギャンと言えばタヒチ

NY
メトロポリタン美術館には


b0209886_15284944.jpg
ゴーギャンの
≪ イア・オラナ・マリア(Ia orana Maria)≫
(アヴェ・マリア)
1891年

がありました

赤いパレオを纏っている女性は聖母マリアを表し
肩に乗っている子はイエス・キリスト表現しているんだとか

マリアとキリストにお祝いを述べている
左側の女性2人の後ろには
そのことを告げた
黄色い翼の天使が描かれている

≪ イア・オラナ・マリア(Ia orana Maria)≫と
作品の左下の黄色い帯に文字が描かれているが

現地語で
「おめでとう マリア」の意味なんですって
つまり
≪アヴェ マリア≫

b0209886_12260677.jpg
2017.2

ゴーギャンは
この作品の出来上がりにとても満足していたようです


b0209886_09341337.jpg


日本でもお馴染み
ゴッホと喧嘩別れした後
ゴーギャンは晩年タヒチへ移り住み
そして
現地の女性を描いた作品がとても有名なんですね

時代は前後しますが

あのナポレオンの2番目の妹ポーリーヌは
夫の赴任でタヒチへ行き数年暮らしている
(夫は黄熱病で死亡)

KENZOのブティックって
マドレーヌ寺院のそばにもありました
(今現在は分かりませんが)



タヒチはカトリック教徒が多い
フランスの植民地だったようです




シャルル・ド・ゴール大統領の時は
核実験が行われたようです














[PR]
by caramel24carat | 2017-07-04 15:41 | 旅行・建築・アート

見晴らし抜群なジャクリーン・ケネディ・オナシスのアパートとセントラルパークの貯水池



梅雨空にアガパンサスの花がよく似合う~⛅


b0209886_09341799.jpg



スッと伸びた茎に咲く華やかなお花は
曼殊沙華にも似ているが

なんと
南アフリカ原産らしい

アガパンサス「Agapanthus」は

ギリシャ語の
agape(アガペ =愛)+anthos(アントス= 花)
から名付けられたようです

まあ、愛の花なんですね

今ググって初めて知りましたわ



ところで

前回
NYのメトロポリタン美術館の
デンドール神殿について書きましたが

展示室には
デンドール神殿の故郷をイメージして
エジプトのナイル川に見立てた池もあって
パピルスが植えられてました

b0209886_16381174.jpg


ナイル川上流にアスワンハイダムが造られたことによってできた
貯水池はナセル湖(琵琶湖の8倍らしい)
と呼ばれるらしいですが

メトロポリタン美術館の建つ
広大なセントラルパークには
実は
大きな貯水池があったんですね

ナセル湖の連想から思い出したのですが

1994年
ケネディ夫人が亡くなられ
池の周りをジョギングしていた夫人を称えて

ジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池

と名付けられたそうだ

もともと上水として131年間使われていて
1993年に
汚染等の理由から役目を終えたらしい


メトロポリタンの北側にあり
周囲は1.58マイル(2.54㎞)ある
かなり大きな池ですね

青い△がデンドール神殿の展示室(メトロポリタン)
赤いマークが
ジャクリーン・ケネディ・オナシス夫人の
晩年過ごした超高級アパート
b0209886_17430487.png


というわけで
J・K・O夫人のアパートと
夫人の名前の貯水池と
メトロポリタンのデンドール神殿
の3つの位置関係をマップで確認してみました~

というのは

ジャックリーン夫人のアパートが
デンドール神殿を眺められるところにある
というか
デンドール神殿はジャクリーン夫人の
希望を叶える場所に位置していた!

という情報を知り
さっそくグーグルマップで検索したわけですが

確かにデンドール神殿を見下ろす抜群の場所でした
もちろんセントラルパークを一望に見渡せる
素晴らしい住まいだったんですね



ワタシの撮った写真にも
なんと
チャンと写ってましたわ!

白く見えるビルで上部が特徴ある形をしている

b0209886_16212855.jpg

2017.2

この日はいいお天気で
ガラスのピラミッドのような窓から
外の景色を眺めながら

こんなところに住みたいわ~
と思ったりしましたが


セントラルパークを眺められる抜群のロケーションにある
五番街のアパートは超高級物件で
ちなみにジャクリーン夫人の

住まいは10億~だとか!

Ahaha

b0209886_17131237.jpg



建物はもう古いのに場所がいいですかね

1930年に建てられた超高級アパートの住所
1040 Fifth Avenue

b0209886_11214815.jpg


ちなみに間取り
↓がセントラルパーク側

b0209886_11464851.jpg


ジャクリーン夫人の
晩年のパートナーはモーリス・テンペルマンという
ラザールダイヤモンドの会長でした


また

ジャクリーン夫人と言えば
ケネディ元大統領との娘である
キャロラインさんですが

2017年1月まで
駐日大使として赴任されてました

(そういえば後任の駐日大使は?)

キャロライン・ケネディ・シュロスバーグさんの
ご主人さまは
メトロポリタン美術館の関係者であることは
以前偶然知りましたけれど



ジャクリーン夫人はケネディ大統領が暗殺されたあと
ギリシャの海運王オナシスと再婚して
さらにオナシスが亡くなった後
モーリス・テンペルスマンと暮らし始めたようです

ふと思うのですが
ギリシャの海運王であった
オナシス
デンドール神殿の運搬に関わっていたのかしら?







[PR]
by caramel24carat | 2017-06-29 12:11 | 旅行・建築・アート

サックラー家と鎮痛剤オキシコンチンとヌビア遺跡のデンドール神殿@MET



室温25℃といやに過ごしやすい~⛅



誰も病気になんかなりたくないし
ましてやガン闘病なんて
耐えられない

いい人とかワルイ人とか関係なく
神さまは試練を与えるのかしら

ガン末期の痛みは大変なものらしい
鎮痛剤のモルヒネは聞いたことがありますが

オキシコンチンって初めて知りました

🌹

NY
メトロポリタン美術館には
エジプト美術最大の展示物
ヌビア遺跡のデンドール神殿(Temple of Dendur)
がありました

2017.2

b0209886_16032445.jpg


ヌビア (Nubia)というのは
エジプト、ナイル川上流に建設された
アスワン・ハイダムによって
沈没してしまった地方の名前で

エジプト南部アスワンあたりからスーダンあたり

先月、帰国した
日本の自衛隊がPKOでスーダンに派遣されていた
だいたいそのあたりかな?

ヌビアは鉱物資源の豊富なところで
古代エジプト語で「金」のことを「ヌブ」と言ったことから
やって来たローマ人はその地方のことをヌビアと呼んだらしい


b0209886_16053422.jpg



そのヌビアは紀元前15年ころ
初代ローマ皇帝アウグストスのエジプト遠征で征服された

アウグストゥスは
そのヌビアに
古代エジプトの神ペテイシパホルを祀る
デンドール神殿を造ったという

b0209886_15550002.jpg


時代は下ってエジプトのナセル大統領のとき
(エジプトとシリアからなる初代アラブ連合共和国の大統領)

海外(ソ連)からの支援で建設された
アスワン・ハイダムはナイルの氾濫防止や電力を供給でき
エジプトの近代化に貢献したというわけですが

素晴らしい遺跡群がちょうど水没してしまうという
危機があった
そのままの位置では
ダム貯水湖に沈んでしまうというわけで

ヌビア遺跡群のアブシンベル神殿等は
ユネスコの資金と大がかりなプロジェクトで解体され移築し
世界遺産として残された

そして初代ローマ皇帝アウグストゥスの造った
デンドール神殿は解体し運搬され
約2000年後に
NY、メトロポリタン美術館に収まったという

b0209886_17131237.jpg



デンドール神殿はアブシンベル神殿等を救った
返礼だったらしい

メトロポリタン美術館の
エジプト美術の展示室を歩いていると
大きなガラスの展示室に
巨大な神殿が現れて感動するのですが

b0209886_16535483.jpg




このデンドール神殿の展示されているギャラリーには

≪The Sackler Wing≫
≪サックラー翼≫
のプレートが掲げられている



b0209886_16192500.jpg

プレートには

サックラー家の3兄弟の名前が刻まれている

アーサー、モーティマ、レイモンド

(現在はレイモンドのみ生存中)



≪サックラー翼≫
というワケですが
(ルーブルでも≪リシュリュー翼≫なんてありました)

一体「サックラー」さんとは誰なんでしょうか?

と調べてみますと

なんと

サックラー家と
関りがあるらしい
Sackler(財団)と名の付く
美術館や博物館や大学や図書館等がたくさんありますね!
(NY, ロンドン、ワシントンD.C.イスラエル他)

大富豪の芸術への貢献や慈善活動の一端でしょうか

2016年度のフォーブス誌長者番付けでは
19位にのし上がったらしいい


アーサー・サックラーはブルックリン生まれのユダヤ人で
医学を勉強した人物のようで
【オキシコンチン(OxyContin)】の販売戦略に関わったようだ

Arthur Mitchell Sackler
(1913-08-22)August 22, 1913~May 26, 1987(1987-05-26) (aged 73)


3人兄弟だったが
小さな製薬会社を買い取り
現在までに大きくしたようだ


オキシコンチンについて

日本では麻薬で禁止され医薬用だけに販売されている

半合成麻薬の鎮痛剤オキシコンチンは
ペルシアケシというアヘンから抽出した成分でつくる

モルヒネやフェンタニルと並んで
ガン性疼痛治療第3段階に用いられる


アメリカにおけるオキシコンチンの販売者は
パーデュー・ファーマ社(Purdue Pharma)

そのパーデュー・ファーマ社のオーナーが
サックラーファミリーなんだそうだ


”1996年の販売開始以来2016年までに、パーデュー・ファーマ社は総額310億ドル(約3兆1000億円)のオキシコンチンを売り上げている。この成功には、パーデュー・ファーマ社のオーナーであるサックラー家(Sackler family)の3兄弟(3人とも医師免許所持者)が大きな貢献をした。サックラー家(Sackler family)は、2016年の米国の第19番目の大富豪家で、アメリカン・ドリームの代表でもある。”

鎮痛剤は巨大市場なんですね

💛

オキシコンチンは鎮痛剤として
末期ガン患者の激痛を鎮めるのにも使用されるらしいですが
要するに劇薬でもあるようだ

麻薬ですから常用すれば死に至る
というワケですね

💔

商品名【オキシコンチン】のWiki読んでて思い出しましたが

そういえば
一昨年(2015年6月18日)アメリカから
TOYOTAの女性常務役員が
小包に「ネックレス」と偽って国際宅配便を送ったのが
オキシコドン(57錠)(oxycodone)だったんですね

ちなみに
【オキシコンチン(OxyContin)】は商品名で
【オキシコドン(oxycodone)】は化学名















[PR]
by caramel24carat | 2017-06-26 17:01 | 旅行・建築・アート

ドガの≪14歳のバレリーナ≫




うす曇りの土曜日~


この時期
うっかり忘れないように気を付けている
庭木への朝夕の水やりですが

🚿


NY
メトロポリタン美術館には

エドガー・ドガの1メートルほどの大きさの
バレエの衣装を着た少女の
彫刻がありました

エドガー・ドガ
≪14歳のバレリーナ(踊り子)≫

b0209886_10011067.jpg


ドガと云えば
パステル画が多いですが
彫刻はごく少ないようです


しかし
あっちっこっちの名だたる美術館に
同じような少女像があるのは
コピーかしら?

ボストン美術館にあるのは
ガラスのケースに入っているようなので
オリジナルなのかな


追記

1881年に生前唯一出品し発表した
≪14歳のバレーリーナ≫
の彫像は

いわゆるマダムタッソー館で見られるような
ろう(ワックス)人形にカツラや衣装を着けたものだったらしい
(明らかに批難されたようです)

ドガの死後ワックスの彫像は
ブロンズ彫刻として甦った
なんと
28体あるらしい!

というわけで

オリジナルはワックス(ロウ)だった為
溶かされ
あちこちに飾られているのは
かたどりされたコピーというわけですね
納得です



ちなみに
モデルの14歳の少女は
ベルギーからの移民の子で
洗濯屋と仕立て屋の両親の娘
マリー・ヴァン・ゴーテム
(Marie van Goethem)
でした

とてもリアルな少女像の
後ろ姿には
髪に大きなリボンが結んであります



b0209886_10070996.jpg


ドガは従軍の際
網膜をやられて”まぶしがり症”で
戸外よりも室内で制作活動をしたようだ

新興ブルジョワの銀行家の息子でもあった
ドガは
上流階級の社交場でもあった
パリオペラ座の会員になって

舞台袖や稽古場などに足繁く通って
練習に励むバレーダンサーを描いたようです

なんとなくうら寂しさを感じる
少女像

b0209886_10102685.jpg


当時のバレエ・ダンサーは
いわゆる舞妓さん的な存在で
紳士たちのパトロンの存在が大きかった、という
(貧しい移民の少女もいたとか)


この絵では
バレエを踊る少女たちの姿を
椅子に座ってふんぞり返って見学している
黒い服の紳士2人はパトロン的な関係者かしら
左側で両手をあげている紳士は
舞台監督かしら


≪舞台のバレエ稽古≫(1874)

b0209886_10262107.jpg

2017.2 メトロポリタン美術館にて


この絵は
とても有名な(油彩)作品ですが

2人の少女がバーにつかまって
稽古に励んでます

b0209886_10311764.jpg

よく見ますと
床にはジョーロが置かれています

稽古場にホコリがたつと
なんと
ジョーロで水撒きをしたのだそうだ!

ドガは1874年
負債を隠してた父親の死後
借金返済のため家財の多くを売り
またそのために
たくさんの作品を描いたという
パステル画が多いのはそのためかしら
(パステル画は制作に時間がかからない)


b0209886_11124903.jpg


ドガの制作魂と踊り子の清らかな美しい魂が
共演しているように感じられる




[PR]
by caramel24carat | 2017-06-24 11:17 | 旅行・建築・アート

ノッティング・ヒル・ゲイトの思い出



梅雨とも思えない爽やかな日~



ここんとこ内外問わず
アンビリーバブルな出来事が起こっていて
ほんとコワいですね

高速で車が空を飛んだ!
とか
ロンドンでは
高層タワーマンションの火災
があったとか

災難に合われた方々は
お気の毒な限りなんですが

現場の「グレンフェル・タワー」の場所や
映像を見ながら



数年前
地下鉄ノッティング・ヒル・ゲイト駅の近くまで
行って

何か”エスニックな匂い”を感じて
ちょっと躊躇し
Uターンしたこと思い出してました






ケンジントンパレスを見学した後
爽やかな緑のなか散歩してたのですが

ノッティング・ヒル・ゲイト駅あたりまで
行くと
どことなくエスニックな香りが
漂っていたんですね

(意外と臭覚はいいほうで)
(その時はその気分じゃなかった)

それでなんとなく躊躇して
左に折れて
それ以上進まなかったのですが

今になって分かったのは
ノッティング・ヒル・ゲイト駅からすぐ近くにあるらしい
火災現場のグレンフェル・タワーって

イスラム系の方が多く住んでらしたのですね

b0209886_13240978.png


ロンドンには
日本人の思う以上に
文化や生活習慣の異なる
イスラム系の移民が多く住んでいるのですね


≪タワーリング・インフェルノ≫っていう映画があって
高層タワービルの火災の恐ろしさを知りましたが

2月のNYのホテルでは
たまたま65階に泊まりましたが

見晴らしはよかったけれど
内心気が気ではなかった


と、高層ビルはコワイわ
そんなこと思っていると

EXCITEのニュースに
ビックリ仰天しました!

なんと

韓国、ソウルに

123階建ての大きなビル「ロッテワールドタワー」がオープン!
2017,6.16

ですって!


ギャー!














[PR]
by caramel24carat | 2017-06-16 13:21 | 旅行・建築・アート

ある謎かけとアンリ・ルソー≪ライオンのごちそう≫と≪眠れるジプシー≫



梅雨空~☂


いよいよ梅雨入りかしら

出かけた先の通り道で
雪が降ったように大きな木に真っ白の花が咲いてました

たぶん「ナンジャモンジャ」の木かな



ところで

書こうか書くまいか迷いましたが
書かずにはいられないわ

💓

つい先日
ある著名な某先生のツィッターで
とっても面白い出来事を知り
驚愕しました!

なんとAmazonから
突然
段ボール箱入りの

「土(つち)」が10箱

届いたそうです

そんな土はクレーとも言ってないのに

これは嫌がらせだったようで

その心は!?

謎解きされた方によれば

漢字の「土」は分解して数字に置き換えると「11」

「11」が10箱=11×10=110

つまり回答は「ひゃくじゅう」漢字では「百十」ですが

嫌がらせの送り主は
「百獣
を言いたかったようです
(つまり獣医さんからだったみたいです)

一休さんもビックリなトンチですよね!
またAmazonでは「土」も配達してくれるんですね!

と、2重の驚きでしたわ

Ahaha

「百獣の王」といえばライオンですが

三越の玄関前にも鎮座してますが



月夜のライオンとジプシーが描かれた
アンリ・ルソーの
この作品は大好き

NYのMOMAにて
2017、2

b0209886_13431786.jpg



アンリー・ルソー≪眠れるジプシー≫
1897年

また

2月のNY
METでも
ルソーの作品がありました

税関職員で仕事の余暇に絵を描いてたという
日曜作家でもあった
素朴派の
アンリ・ルソーのジャングルの絵がありました

アンリ・ルソー≪ライオンのごちそう≫
1907年
≪The Repast of the Lion≫

b0209886_13201357.jpg

2017.2 メトロポリタン

H・ルソーは南国へは行ったことがなく
パリの植物園で樹木や草花をスケッチしていたのでした


b0209886_13265565.jpg




ギリシャ神話にも登場する
スフィンクス vs オイディブス
の謎かけってありましたね









[PR]
by caramel24carat | 2017-06-08 13:58 | 旅行・建築・アート

ドクダミの花とバクーのヘイダル・アリエフ・センター@ザハ・ハディド


アッツイ日になりました~☀


ドクダミの十字花が
ハッとするほど白い

b0209886_10243464.jpg


ほんとあまり歓迎しない
ドクダミなんですが
白いお花が捨てがたい

b0209886_10211703.jpg



ところで

昨日2017.5.31の
Googleのロゴですが

ザハ・ハディド氏が
2004年に
プリツカー賞を
(プリツカー家はハイアットのホテル王)
女性建築家として初めて受賞した記念日
だったようです

b0209886_10400990.png




生誕何年や没後何年というわけではなかったので
珍しいなとは思いました

建築家ザハ・ハディド氏に関しては
マイブログでも何回か書いてましたので

2013.9.8


改めて
ザハ・ハディド氏の
建築作品の凄さに圧倒されました!

またその
突然の逝去についても
??
ですが

意外だったのは
クシュナー氏のビルの建て替え案が
ザハ・ハディッド氏の設計だったこと

また

マイアミに
≪ワンサウザンドミュージアム≫が建設中だったとは

🍀

2017年2月のNY旅行で

ジャレッド・クシュナー氏のビル
五番街の
≪666 Fifth Avenue≫
について知り

さらに
その再開発計画あり

≪新666 Fifth Avenue≫が

なんと

ザハ・ハディドが設計デザインする建築案だと知った





ザハ・ハディド氏の建築は
脱構築主義っといって
流れるような線と曲面で構築された
見る角度によってさまざまな想定外の
意表を突くような驚きの表情が現れる、らしい

上のGoogleのロゴに描かれているのは

カスピ海に面した
産油国旧ソ連のアゼルバイジャンの首都
バクーに建つ
2012年完成の
ヘイダル・アリエフ・センターなんだ、そうだ

本日マイブログランキングに
≪雪の日の思い出より≫がトップにあって
なつかしく読んでましたら





ヘイダル・アリエフ・センターを
現大統領の夫人と娘さんが
モナコ王子を案内している動画がありましたが
(メラニア夫人とイヴァンカさん似の美人の母娘)

流線型の女王と呼ばれるザハ・ハディド氏の
真骨頂ともいえる代表作でしょうか

Heydar Aliyev Centre

b0209886_13151977.png





ザハ・ハディド氏は
昨年
2016年3月31日
フロリダのマイアミで亡くなられていて

日本では新国立競技場建設費に絡む問題で
何かと賑わっていた時でしたから
ほんと驚きました

がッ

なんと
さらに驚いたのが

フロリダ、マイアミでは
ザハ・ハディドによる
≪ワンサウザンドミュージアム≫が建設されているんだとか

one thousand museum
そしてさらに
ビックリ仰天しましたのが

なんと
韓国のソウル東大門にも
ザハ・ハディド設計の
流線型の建築があったんですね!

今初めて知りましたけど

アメーバの細胞分裂みたいな
不気味な建物ですわ

≪東大門デザインプラザ≫
2014.4.30










[PR]
by caramel24carat | 2017-06-01 14:03 | 旅行・建築・アート

≪ナポレオンの戴冠式を鑑賞する人々≫とルーブル宮のピラミッドと≪第九≫



風薫る5月ももう半ば~

🍃

フランスの新大統領もマクロン氏の当選が確定し
(2017年5月7日、日本時間8日)

39歳という若々しい大統領の誕生に
清々しい気持になりましたが

なにはともあれ
若いって素晴らしいわ



2月に訪れたNYのメトロポリタン美術館には

有名なナポレオンがジョセフーヌに戴冠している
ダビットの≪ナポレオンの戴冠式≫を背景に描き
その巨大な作品を鑑賞する人々を描いた
ルイ・レオポルド・ボワイの作品が
興味深かったわ

2017.2

b0209886_10322369.jpg


Louis-Léopold Boilly
1810
≪The Public viewing David's"Coronation" at the Louvre≫
≪ルーブル美術館でダヴィッドの『戴冠(作品)を見る人々≫

b0209886_10272076.jpg


ナポレオンがフリーメイソンだった
というのは
肖像画から推察できましたが



ところで
新大統領になったマクロン氏ですが

報道によれば

15区の選挙事務所で当選の喜びの演説をした後

ルーブル宮殿に移動し

ちょうど中庭のガラスのピラミッドの前で
新たなる新大統領としての抱負を演説していたのが
とっても印象的でした

またべートベンの『歓喜の歌、第九』を合唱していたのも
これまた印象的でしたわ

ベートベンの『第九』は
EUの歌でもあったというのは
以前マイブログで書いてました

そして、今読み直してみて驚いたのは

新フランス大統領誕生と同じ
5月7日に初演されている

ベートベンの第九が初演されたのは
1824年の5月7日でした!
(ロシア皇帝アレクサンドル1世に献呈される予定だった)


フランス大統領が
ルーブル宮殿のガラスのピラミッドの前で

「自由、平等、友愛の理念のもと国民に仕える」
と演説してましたが

Liberté, Égalité, Fraternité
(リベルテ、エガリテ、フラテルニテ)

b0209886_11192764.jpg


マクロン氏の顔がズームアップされたとき

妄想好きなワタシはドキッとしました

b0209886_11240167.jpg



この図「ピラミド」+「アップの目」でお馴染みの
よく見るフリーメイソンみたい!?

さらに驚いたのが
獲得投票率の数字

66.06
6が3つ並んでいたけれど

マクロン氏66.06% 


以下参考


EUのスローガン「自由、平等、博愛」を唱えた

「EUの父」と云われる
青山栄次郎こと
クーデンホフ・カレルギー伯爵についても

前に書いてましたが

b0209886_11540636.jpg


ベートベンの第九が日本で初めて演奏されたとき
について知った時の記事

http://caramel24c.exblog.jp/23557640/

“国内初演の第九
1918年6月1日に、ドイツ兵捕虜により「第九」全曲演奏されたのが、日本における初演とされています。この事実は1941年に、この初演の2ヶ月後に板東収容所で「第九」(第1楽章のみ)を聴いた徳川頼貞が書いた『薈庭楽話』で明らかにされていましたが、長く無視され、1990年代になって脚光を浴びました。

「第九」交響曲演奏会
鳴門市では、国内で初めて演奏された6月1日を”第九の日”と定め、6月の第一日曜日に、県内外から500余名の合唱団が合流して国際色豊かに、第九のふるさとならではの演奏回を開催しております”

徳島県観光、阿波ナビ
http://www.awanavi.jp/feature/daiku.html














[PR]
by caramel24carat | 2017-05-09 12:01 | 旅行・建築・アート

カテリーナ・フリッチェの≪青いおんどり≫トラファルガー広場からワシントンD.C.へ



今日も穏やかないい日~




5月3日は憲法記念日

大型連休も後半戦に突入
突入という表現は攻撃的だけどね



前回
5月1日メーデーの日に

偶然

初めて「Bump of Chickin 」というバンドと
彼らの20周年記念の≪リボン≫という曲を知ったけど

≪リボン≫は
とてもステキで何回か聴きました



「あくびのユニゾン」というセリフが新鮮でした


その
「Bump of Chickin 」という
聞きなれない言葉だけど
「弱者の反撃」という意味だという

なるほど
かなり思い切ったバンド名ですね

そうか
チキンレースのチキンなんだね

そういえば
ワシントンD.C.の
ナショナル・ギャラリーの
屋上で
大きな青いチキンをミタこと思い出しました

カタリーナ・フリッチェの≪青いオンドリ(ハーンHahn)≫

2017年2月

b0209886_08431638.jpg


かなり大きなオブジェで
そばに立つ人間が小さく見えます

b0209886_08384779.jpg
この青い強烈な印象のニワトリは
ペンシルベニア通りを歩いていた時
偶然見つけました

b0209886_08540794.jpg
見つけた時は

なんでここにあるの?!

驚きました~

屋上からペンシルベニア通りを眺める
通りの正面に白い連邦議会の建物


b0209886_10142306.jpg


というのは

以前
マイブログで
この青い巨大なオンドリが
ロンドンのトラファルガー広場に展示されていたことがあった
と書いてたこと思い出したから

2013年7月23日から18ヵ月展示されたハーン
b0209886_09290910.jpg
AP Photo/Andy Rain より借用




実際に
トラファルガー広場で展示されていたハーンが
まさかワシントンD.C.で
お目にかかれるとは思ってもみなかった

カタリーナ・フリッチェについて知ったのは
サンクトペテルブルグのエルミタージュ
でした


エルミタージュで出会った
カタリーナ・フリッチェの≪女性と犬≫について
調べていた時に

ちょうど

同作家カタリーナ・フリッチェの作品
青いハーン(ドイツ語 Hahn=メンドリ)が

期間限定で
トラファルガー広場に展示されていること
知ったのですけれどね

その時の記事


カタリーナ・フリッチェの≪女性と犬≫について
エルミタージュにて
2014

ということは
青いハーン(Hahn)は

トラファルガー広場に展示されたあと
(2013、7~18ヵ月)

ワシントンD.C.のナショナル・ギャラリーが
新たな収蔵品として買い取り
展示していたということかしら

ドイツ人カタリーナ・フリッチェさんが制作し
ロンドンでお披露目し
ワシントンで収蔵という流れかな?



トラファルガー広場と言えば

ナポレオンの連合軍と戦い
トラファルガーの海戦で勝利した
ネルソン提督の銅像が立っているわけですが

「青」と「おんどり」は
フランスを象徴するという

そのフランスを象徴するアイコンでもある
青いハーンが
ロンドンのトラファルガーに展示されたというので
物議をかもしたというわけだったらしい

トラファルガー広場には
ナショナルギャラリーがあって
かって訪れたことがあります


しかし
ワシントンD.C.のナショナルギャラリーに収まって
よかったのかな
アメリカの懐は広い


今日
5月3日は憲法記念日ですが

憲法といえば
ナポレオン憲法?

またナポレオンが言ったという
よく聞く言葉に

「わが辞書に不可能の言葉はない」

しかし
皇帝ナポレオンは
ロシア大遠征(1812)で敗退しましたね

まあ、しかし
よくぞロシアまで大遠征したものですね
ナポレオンはおバカさんだったのでしょうか?

何がそこまで戦争に駆り立てるのか


ワシントンD.C.のナショナル・ギャラリーにて
2017.2

懐手の皇帝ナポレオン

b0209886_08094011.jpg


膨大な戦費の調達も大変だわ



このあと
1814年から1815年にかけて
ウィーン会議が開かれ
領土分割された





[PR]
by caramel24carat | 2017-05-03 10:02 | 旅行・建築・アート