ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

カテゴリ:歴史・人物( 82 )

満映と甘粕正彦vsラインハルト・ハイドリッヒ



夏って~まだ9月が終わっても延長戦だったのね~☀
アツくて

b0209886_10555676.jpg




二代目イヴ・ピアジェが一輪咲きました
蕾のときにムシかじられてたので
イマイチなんですが
香りが抜群

🌹


ところで

満州には国策会社の
満映こと満州映画会社があって
1945年8月には1000人超の人が働いていたという

そこの満映のトップの理事長が
甘粕正彦という人物

甘粕 正彦(あまかす まさひこ)
1891年(明治24年)1月26日 - 1945年(昭和20年)8月20日)


この方1923年9月1日の関東大震災の
ドサクサに紛れて
憲兵大尉であるにもかかわらず
大杉事件の犯人に仕立てられて
10年の禁固を言い渡されたが

ちょうど大正天皇から昭和天皇に変わり
恩赦で短縮されたあと

なんとフランスへ逃亡している!?
へぇ~~フランスとは!?
で、カジノに嵌った日々を送っていたという

ちょうど渡仏の時期が
1927年~1930年

(その後、満州の新京の満映のトップに就いたっという)

フランスでカジノといえば
ドストエフスキーも嵌って過ごした
バーデン・バーデン(南ドイツ)




バーデン・バーデンのホテルでミタ結婚式の過去記事




ここで妄想~
ひょっとして、フランスカジノといえば
ほら、バーデン・バーデン(密約)じゃないかしら?
とググってみると

なんと

ラインハルト・ハイドリッヒvs甘粕正彦って
ヒットしたので超ビックリ!?

えぇ~~!

ちょうど先日

映画≪ラインハルト・ハイドリッヒを撃て≫という
チェコのプラハでの暗殺計画の映画観たばかりだったので
ほんとビックリ!

(この映画ロンドンにあったチェコの臨時政府から刺客等が
プラハにいるハイドリッヒをやっつけに来るのですが
計画がなんともお粗末なはなしでした
でも、歴史上の実話なのでよい映画ではありました)

そう、たまたまググった

「甘粕正彦+バーデン・バーデン」



で、ヒットした

≪ラインハルト・ハイドリッヒvs甘粕正彦≫

どうやら

ゲームの登場人物のようです

でも、ナチと日本帝国陸軍関係の実在の人物ですから
ほんと驚き!

ゲームなめてました~

大変優れた甘粕正彦という人物については
フランスの大東社という
フリーメイソンに入っていたらしいという情報もあって

(妄想だけどバーデン・バーデン?で)
カジノしてたというのも納得の感あり












[PR]
by caramel24carat | 2017-10-11 12:12 | 歴史・人物

上海についてのメモ=ピアースアパート等



一昨日、昨日と良いお天気でアツかった~~☀
今日はうす曇りだけどちょうどいいね



秋海棠がまだ咲いてます
花期が長いのね

b0209886_12471211.jpg





ところで

上海について
初めてちょっと関心を持ち
調べていると

林則徐という清の官僚がいて
阿片を取り締まりだした
急増する阿片の輸入の対価に
銀で支払っていたので
国の興亡の危機感を以って

イギリスからのアヘン輸入に反乱を起こし
海にその積み荷をドボンと投げ捨てたらしい

その結果

アヘン戦争に発展しやがては負け戦になり
香港をイギリスに割譲させられた
(1842年~1997年7月1日返還)

そうか~もう20年経つのですね

アメリカのボストン茶会事件ってありましたけど
チャイナ版があったのですね!



当時のイギリスはヴィクトリア女王の時代

メトロポリタン美術館の
ヴィクトリア女王の肖像画

2017.2

b0209886_13093785.jpg



≪Queen Victria≫
Thomas Sully 1838年

この作品が描かれたのは
ヴィクトリア (1819–1901)が女王(1836-1901)に即位した後
翌々年1838年、ペンシルバニア生まれの彼は
イギリスへ行き女王に会いスケッチし、帰国し仕上げた


👑

密輸貿易で暴利を貪っていた
イギリスではあるが

一方

清国では
イギリスからインド産のアヘンが膨大に増加していて
林則徐が国の一大事と積み荷を海に投げ捨てたのが
1839年6月6日

それをきっかけにイギリスと戦うことになった
アヘン戦争が起こったわけですが


 そう、話を上海に戻して

ほぼ百年後

上海、虹口(ホンキュ)の乍浦路(サホロ)に面したところに
ピアースアパートというのがあるらしい

日本租界のあったところらしくて
乍浦路は1キロほどの繁華街らしい



そのピアースアパートに
1943年3月

マキノ雅弘が訪ねたという

その前年1942年、マキノ雅弘が≪阿片戦争≫制作発表をした後
里見甫という人物から
電話がかかって来て東京の帝国ホテルで会ったことがあった


林則徐を扱った映画を日本じゃなく
上海に来て撮れ
と資金は提供するから、という話を持ちかけられたという

帝国ホテルでの初対面から
その後深い間柄になり
里見が住んでいた東京の成城の屋敷は
マキノ雅弘が買い取った

翌年1943年、映画監督マキノはできた≪阿片戦争≫を抱えて
上海の里見甫のピアースアパートを訪ねていったというわけですが

マキノ雅弘という人物は

前に南禅寺界隈別荘群について書いてた時
モルガンお雪とお付き合いのあった
牧野省三について知りましたが

その牧野省三は映画監督の父と呼ばれ
その息子のマキノ雅弘も映画監督でした

里見の定宿だった帝国ホテルに呼ばれたのは
林則徐の阿片戦争を撮るなら
上海でロケをやれ、資金は出すから、という話だったが
上海ロケは危険すぎるというので断り
結局、里見の申し出た資金の提供も
辞退したらしい

ピアスアパートを訪れた翌日
試写された作品≪阿片戦争≫は
上出来で評判はよかったという

まあ、そんな歴史の1ページがあったのですね

ちなみに
ピアスアパートは7階建ての
中庭もある豪壮なマンションでしたが
一棟まるごと里見甫のものと聞き
マキノ雅弘は驚いた、という


このピアスアパートは
現在も健在で
浦西公寓といい1977年に7階建から9階建に上乗せされた!

🏩 ピアスアパートについて

1931年築の高級アパート

イギリス式オールドアパート
優秀歴史建築として保護されています
1931年に
イギリス商社業広地産(Shanghai Land Investment Co. Ltd)により建造され
当時は外灘(バンド)にある
各外資銀行に働いていたイギリス銀行員に住まいとして貸し出されていた



このイギリス人銀行員専用のアパートが
いつしか里見甫のものになったわけですが
経緯はどうなのでしょうか?

初めて里見を帝国ホテルに訪ねた時
マキノ雅弘に向かって
「アヘンはアングロサクソンの代わりにオレがやっている」と
言ったという

数日後
里見はマキノ等を連れて
蒋介石の伯父さんの豪邸へ遊びに行った

中国の大物とも交流があったようです

🌒

乍浦路には≪B・B(ブルーバード)≫というクラブがあったらしい

(日本の軍人は腐敗堕落していたらしい)



乍浦路には驚くことに
築地本願寺に似た西本願寺のお寺があるらしい

上海の日本租界には

1920年前後ごろ10万人の日本人が住んでいて
そのためお葬式やなんかの供養のためお寺が建てられた

また
上海と長崎はパスポートなしで行き来できたという

前回、HSBCのことちょっと調べていた時に
長崎にもHSBC(香港上海銀行)長崎支店があったと知り驚きました

🏢

香港上海銀行長崎支店は1892年に開設、1904年に竣工

現在は国の重要文化財として記念館になっている
(残ってたんですね)

当時の彩色絵葉書(明治)
b0209886_14514512.jpg
香港上海銀行長崎支店と長崎ホテル

情緒がありますね~

(上海へは長崎から船で行けるのかしら?)













[PR]
by caramel24carat | 2017-10-09 15:32 | 歴史・人物

ホトトギスとノーベル文学賞受賞カズオ・イシグロ氏




秋雨~~☔



2日前は半袖だったのにすっかり秋の装いに


先日からホトトギスが咲きだしました


b0209886_14304417.jpg




ところで

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥(ほととぎす)
は家康ですが



カズオ・イシグロ氏が
ノーベル文学賞を受賞されて驚きました

と言っても
初めて聞きました



1989年
ブッカー賞を受賞した35歳の時の作品
英国貴族邸の老執事が語り手となった

第3作『日の名残り』が
映画化されているみたいなので観てみたいです


英国貴族とは実在の人物なのかしら?

今、マイブームの「貴族」登場とは
興味津々?


イシグロカズオ氏について
ちょっと関心を持って調べてみると




お父様は海洋学者で英国政府に招聘されたという
エリート一家なんですね!

ご祖父はなんと大津出身で
伊藤忠に入り天津支社務めの後
上海の豊田紡織廠(工場)設立に携わったらしい

太平洋戦争の敗戦後は、中国に接収され消滅した、という

現在は、跡地にトヨタ紡績の保存会が設立され
非公開の上海豊田紡織廠記念館になっているらしい


へぇ~~

トヨタ紡績は上海にもあったとは
意外ですね

上海、英国といえば
HSBC(香港上海)資本なの?

上海へは行ってみたいけど
なんだかコワくないですか


、♡










[PR]
by caramel24carat | 2017-10-06 15:33 | 歴史・人物

≪インターステラー≫とドイツ貴族ファステンバーグ家とフィアットとフェラーリ


昨日はアツかったわ~今日も秋晴れ~☀


昨夜はお月さまがほぼ満月でした


b0209886_12440925.jpg



今日10月4日は旧暦の8月15日にあたり

中秋の名月

ですが、満月は10月6日で2日ずれるのですね
どうりで昨夜は若干欠けてました

ところで

クリストファー・ノーラン監督の映画≪ダンケルク≫から
≪プレステージ≫と
ちょっと調べたことなど書いてきましたが

同監督の映画で≪インターステラー Interstellar≫(2014年)という作品がある
SFもので「Interstellar」とは「間恒星」と翻訳されるけれど
「宇宙空間の星々~」のような意味かしら?

実際に観てないので、ちょっと調べたところでは
地球で人間が住めなくなり
宇宙空間へ脱出する、という話らしい

b0209886_16041545.jpg



しかし、重力の問題があってどうもマズい
「重力の特異点」に関する問題が解決していないので
他の案に切り替えるとか、なんとか

とまあサッパリ訳わかりません~

一言で言っていいのかどうか、無謀ですが
どうやら「重力」の問題が
宇宙空間へ脱出した人間に
重くのしかかっているような、そんな感じ?

宇宙空間は無重力なのにブラックホールの存在って摩訶不思議ね


昨日発表されたノーベル物理学賞が「重力波の検出」とか?


なんとなく重力かなと
キタナ~と
アハハ

ところで

時間と空間を自由に行ったり来たりできる
ドクの発明したデロリアンってありましたけど
映画≪バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)≫
面白かったですね

1985年の映画なんですね
シリーズの2作目≪バック・トゥ・ザ・フューチャー2≫では
30年後の2015年10月21日にタイムトラベルするのですが

未来だった30年後は、今では2年前で、現在すでに過去ですが
なんか、可笑しいね~

ところが驚くことに
マーティーとジェニファーとドクが
未来にタイムトラベルした日
まさに
2年前の2015年10月21日

なんと
ウォール街のNY証券取引所にフェラーリが上場した日でした


b0209886_16140508.png


偶然なのかそれとも?


そもそも馬のエンブレムから
ドイツのシュトゥットガルトStuttgart)の紋章を調べているときに
ポルシェ、そしてフェラーリのマークについての関係を知りました

そして

前回、DFSを香港で創業した大富豪のミラー家の
3姉妹の末娘アレクサンドラが
NYのファッションデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグの
一人息子アレクサンダーと結婚したことがあったと知り
その父親がドイツ王家の血筋を引く貴族であると知り

そこで



今回、アレクサンダーのドイツ貴族の父親である

エゴン・フォン・ファステンバーグ(1946-2004)
(Egon von Fürstenberg


についてちょこっと調べてみると

ダイアンの夫は

ファステンバーグ家(House of Fürstenberg(Swabia))の
まぎれもないプリンスでありました

Prince Egon von Fürstenberg
(Eduard Egon Peter Paul Giovanni Prinz zu Fürstenberg,
Prinz Egon zu Fürstenberg,
29 June 1946 – 11 June 2004)

また
ダイアンの夫の義父は
Prince Tassilo zu Fürstenberg (1903–1989)
その奥様であり、義母のクララ・アニェッリは
his first wife Clara Agnelli (1920-2016)
フィアット会長ジャンニ・アニェッリの姉である
Fiat's chairman Gianni Agnelli

フィアットはかつてフェラーリーを傘下にしていた

フェラーリーのエンブレムは
シュトットガルドの紋章がモチーフに使われていた

彼の父は義母クララが家を出て行ったあと
テキサスオイルの相続人セシル・アメリア・ハドソン博士と結婚した!?

テキサスオイルと言えば
ゲッティー家のゲッティ・オイル

ミラー三姉妹の長女ピラがポール・ゲッティの孫と結婚したことがあったけど
ということは
ミラー家とファステンバーグ家とゲッティ家は
親戚で閨閥をお形成しているのかしら

フェラーリーはフィアット傘下だったが
2015年10月21日、上場して
独立したってことなのかしら?



After Clara's departure,
his father married Texas oil heiress Dr. Cecilie Amelia Hudson (née Blaffer).
[4]

Fürstenberg's younger brother is Prince Sebastian zu Fürstenberg

ファステンバーグ家は
神聖ローマ帝国ころのシュヴァーベン公国からの
歴史ある王家らしい

1250年頃、Heinrich von Furstenberg
ファステンバーグ城を構えたことに由来する

バーデンーヴュルテンブルグ州(Baden-Württemberg )にある
州都はシュトットガルド


以上いろいろメモ



















[PR]
by caramel24carat | 2017-10-04 15:37 | 歴史・人物

第7代ウェストミンスター公爵とDFSとミラー三姉妹



雨がパラパラと~⛅~☔



1日、スペインのカタルーニャ自治州が
独立する権利を問う住民投票で90%(投票率約43%)が賛成し
独立国家(共和国の形で)となる権利を獲得した、らしい

あっちこっちで分離独立
風というか嵐が吹いているのかしら?


ところで
クリストファー・ノーラン監督の生まれた
ウェストミンスター地区は
ロンドンでも最も富裕な資産家ウェストミンスター公爵の
代々の土地であり

第2代ウェストミンスター公爵はシャネルと
お付き合いがありました
(ということくらいしかよく知らないのですが)

なんと

現在、若干26歳の貴公子然とした
第7代ウェストミンスター公爵
ヒュー・リチャード・ルイス・グローヴナー(1991-)

b0209886_14281046.jpg


昨年、2016年8月9日
お父様の第6代ウェストミンスター公爵
ジェラルド・キャヴェンディッシュ・グローヴナー
(1951年12月22日~2016年8月9日、64)
が亡くなられ(領地で急に体調が悪化)

長男であるヒュー・グロブナー氏が
第7代ウェストミンスター公爵位や
もろもろを相続したらしい

(他の3人の姉妹は相続の対象にはならないという貴族の決まりがあるらしい)

貴公子第7代ウェストミンスター公爵は
なんとゴッドファーザーであられる

英王室の
ウィリアム英王子の長男ジョージ王子の後見人のひとりだそうです
(英王室がこれからも続くということであれば
将来の英国王の後見人ということですよね)

以上ウェストミンスター繋がりで
ちょっと最近知ったことメモ

さらにもう一件

ロンドンの大富豪トップテン入りしている
ミラー家
についても知り
へぇ~~とかなり驚きました!

ロンドンのウェストミンスター公爵家と並んで
トップテンに入る
大富豪家にミラー家があるそうです

ミラー家は香港でDFSを立ち上げた実業家

ロバート・W・ミラー氏がオーナー(共同でもう一人)である

DFS
お馴染み世界のアッチコッチの空港で
展開しているデューティーフリーショップ
あのヴィトンとかシャネルとか高級ブランド品も買える免税店

なんと現在
DFSグループの株式の61%は
フランス、パリの
LVMHが所有している、らしい

この18の空港で免税店を持つDFSグループの創業者は
ロバート・W・ミラー氏というが
香港の投資会社サーチ・グループ会長である

と言っても、ああそうなんですか!?
としか反応のしようがありませんが

この大富豪のロバート・W・ミラー氏には
3人の娘がいらして
ミラー美人三姉妹として超有名らしい


b0209886_17163446.jpg


(華やかなミラー美人三姉妹、数年前?)



長女ピア
石油王クリストファー・ゲティの先妻だったこともあり
(ポール・ゲティの孫でゲティ石油はテキサコに売却された)

次女マリー・シャンタル・クレア・ミラー
(Marie Chantal Claire Miller、1968年~)
は旧ギリシャ王国の王太子パウロスと結婚

パウロス王太子の父親は
コンスタンティノス2世でギリシャ最後の国王である
母親はデンマークの王室から嫁いだアンナ=マリア王女で
実の姉は現デンマーク女王マルグレーテ2世

またパウロスの父親コンスタンティノス2世の
実姉はスペイン王家へ嫁いでいる
スペイン王ファン・カルロス1世王妃ソフィア

イギリス王室のエリザベス2世の夫君
エディンバラ公フィリップ(1921年生~)は
ギリシャ王室ゲオルギオス1世の第4王子アンドレアスの長男

等々。。


旧ギリシャ王家のプリンスと結婚した
次女マリー・シャルタンについて辿っていくと

王室に国境はないようです


👑



三人目の末の妹
アレクサンドラ・ミラーは
ドイツの貴族の家柄の夫と結婚したデザイナー
ダイアン・フォン・ファステンバーグの一人息子
アレクサンドルの先妻だという

ああ、ダイアン・フォン・ファステンバーグなら
どうにか知ってます!

やっぱり「バーグ」と名前につくと
ドイツ系ですね
しかも「フォン」がついて貴族



そんなわけで
ミラー三姉妹は
かつて
大変マスコミにも登場した美人三姉妹だそうですが
ひょっとしてLVMHの広告塔でもあったのかしら?













[PR]
by caramel24carat | 2017-10-02 16:56 | 歴史・人物

C・ノーランの≪プレステージ≫とフレデリック・ウィンザーとガス会社ウェストミンスター・ガスライト・アンド・コーク・カンパニー


昨夜の雨もあがりしっとりと心地よい~☀
それにしてもここ2・3日はアツかった



月日はめぐりもう9月もあと3日で10月だわ
金木犀の木にハチが飛び交っているので
よくみると木星のような模様の
メロン大のハチの巣がある!
中には女王バチがいるのかしら?
(夏のころからひょっとしたら
と思っていたけれどコワくてそのままだった。。
ギョーどうしましょー)


メロンといえば
「メロンです」「請求書です」のドクターXが
始まるようですね、たのしみ

🍈


ところで、前回、≪ダンケルク≫がとっても凄い作品だったので
クリストファー・ノーラン監督の他の作品も観てみたい、と
AmazonでFreeの≪プレステージ≫があって観てみました

≪The Prestige≫は「名声」とか「偉業」の他に
語源のラテン語に
「まやかし」とか「奇術師の仕掛け」という意味があるらしい

まさに話は、2人のマジシャン対決なのですが

とにかく画面が暗~いのですね

やたら暗~いのですが

(この暗さはノーラン監督の確信的な計算だと
後から妄想しているのだけれど)

19世紀後半のロンドンが舞台だからね
シャーロック・ホームズのドラマのあの霧とガス灯の雰囲気

話の核心は1人のマジシャン(孤児育ち)が
ある時、舞台で呼び物のイリュージョンを発表する
なんと、人間瞬間移動 です

もう1人のマジシャン(貴族出身)は悔しくて
どうしてもそのトリックを知りたくて

アメリカ、コロラドの山中の街スプリングスへ出かけるのですが

なんとそこで

コールドロー卿は
街が明るくて驚くのですね
街には電灯がついていたのですよ

1899年2月8日

しかし、コールドロー卿(貴族出身のもう一人のマジシャン)は
ニコラ・テスラの実験場では門前払いされるのですが
(何度目かに会うことができた)
そこには、その当時、エジソンと対決していた
ニコラ・テスラが日夜実験に奮闘していたわけです

えぇ~ニコラ・テスラがでてる!と
実在の人物にビックリです

(このテスラ役はデヴィット・ボーイ)


ニコラ・テスラの実験の様子(有名らしい)

b0209886_08413971.jpg



ニコラ・テスラについては
以前、NYの高級ホテルアストリアに住んでいたと知り
調べていましたので

≪プレステージ≫を観ながら
思いがけずテスラが登場して
知ってる!と歓喜したのでした~

そう言えば、2月にNYで
テスラ広場の写真を撮ろうと思っていたのですが
一つ手前の5番街の方につい行ってしまった

改めて
ニコラ・テスラのこと読みますと
なんと、JPモルガンの令嬢との縁談話があったけど
断ったようです
また資金援助も受けていたようですが。。

が、きっと
テスラはモルガンと馬が合わなかったみたい

エジソンは直流、テスラは交流で対決があったようですが
テスラはエジソン会社をやめ
1886年独立し「テスラ電灯」をつくっている
テスラはウェスティンハウスからも資金援助を受けたようです

エジソンのGEvsウェスティングハウスのWH
今の日本でもそのまま?

@東芝の電球はエジソンのあとだったようだ

テスラというのはハンガリーのクロアチア生まれの
天才発明家ですが

一般に知られているのは
なんといってもトーマス・エジソン

エジソンは長時間寿命の電球を開発したわけですが
(フィラメントは京都八幡の竹らしい
南禅寺界隈の別荘群あたりかしら?)

「スワン電灯」を買収し
1882年、「エジソン・スワン電灯会社」を設立し
莫大な利益を得た、という

ここで、ふと妄想するのは
明治新政府になって廃仏毀釈令何とかは
仏教勢力を抑えることと同時に
文明開化で必要な銅やなんかを
手っ取り早く欲しかったからではないかしら?

映画≪プレステージ≫に戻って

コールドロー卿は
スプリングスのテスラの実験場で
ある場面でとうとう秘密に気づくですが

人間瞬間移動のマシンとは意外なモノでした
(実はクローンが生まれていたんですね!)
そうか、そうなんだ、みたいなオチでした



ところで

そもそもの疑問だった

ウェストミンスター生まれのクリストファー・ノーラン監督は
貴族の家柄なのか?

と気になってちょっと調べてみましたが
ハッキリわかりませんでした

ですが

ロンドンで世界初のガス会社が
1812年
フレデリック・ウィンザーによって設立されている

ジョージ3世の時で英国王室認可の(国有会社?)

ウェストミンスター・ガスライト・アンド・コーク・カンパニー
The Gas Light and Coke Company
(also known as the Westminster Gas Light and Coke Company)

このロンドンの世界初のガス会社が
ウェストミンスターに設立されたのですね

ウェストミンスター寺院前の4灯のガス灯

b0209886_12304029.jpg


ウェストミンスター公爵家は
ウェストミンスター地区の大地主で
現在も英国の大富豪らしい

シャネルとお付き合いのあった
第2代ウェストミンスター公爵のこと
前にちょっと書いてました

1812年にガス会社を設立した
フレデリック・ウィンザーですが

ウィンザーといえば
ウィンザー城
ヴィクトリア女王の夫君アルバートがドイツ人で
ザクセン・コーブルグ・ゴーダの出身でした

フレデリック・ウィンザーのこと調べてもよくわからなかったのですが
ウィンザーならドイツ人かなと思いググると
いらっしゃいました

フレデリック・アルバート・ウィンソールという
ドイツ人でした

ジョージ3世の祖父ジョージ1世のハーノーファー(Hannover)
と同じ州のブラウンシュヴァイク出身

Frederick Albert Winsor

そもそもウィンザー城は
ドイツ名のザクセン・コーブルク・ゴーダを嫌って変えたのでしたよね

ジョージ3世の祖父や父もドイツ人で
ハノーヴァーの選帝侯でした



日本では60年ほど遅れて
最初は横浜に灯った、らしい

2年後、銀座で灯った
1874(明治7)年に 銀座~京橋間に 85本のガス灯が設置される

1882年(明治15年)、
東京電灯会社が, 銀座にアーク灯による電気街灯を初めて 点灯させた

カルティエの壁に
記念のプレートが飾られてました





参照

ガス灯の歴史→東京ガスGASMUSEUMより

この東京ガスのGASMUSEUMの複数の写真を
眺めていて驚いたのですが

なんと

フリーメイソンの石碑が建ってました!
(コンパスのマーク)











[PR]
by caramel24carat | 2017-09-28 13:03 | 歴史・人物

南禅寺界隈別荘群の何有荘の所有者はオラクルのラリー・エリソン



昨夜の雨も上がり過ごしやすい~☀

最適な室温22℃

これから紅葉の季節を迎える
京都を散策するのも素敵ですね

ところで

前回モルガンお雪から
南禅寺界隈の別荘群の存在を知りましたが

現在、それらの別荘群は所有者が変わって
中でも何有荘
アメリカのソフトの会社
オラクルのラリー・エリソンが所有している
というから驚きです

何有荘 茶室”龍吟庵”

b0209886_09125872.jpg



何有荘は

2010年

クリスティーズで80億から競売にかけられたという
(落札価格は明らかにされてないらしい)

IT長者のラリー・エリソンは親日家で
所有するヨットの名前は「さよなら号」というらしいが

忍者屋敷のような日本家屋に住みたいという
願望があったらしい



この方の経歴をサッと見ますと
アップルのスティーブ・ジョブスとかぶります

(そういえばビル・ゲイツも軽井沢に大邸宅~)

何有荘

元和楽荘で染色事業や映画興行で財を成した
稲畑勝太郎(1905年、明治38年所有)が奥座敷として
内外の著名人を招いた6000坪の邸宅で

植や加藤造園参照

1953年、宝酒造の大宮庫吉の手に渡り

「何か有るようで何も無い。何も無い様で何か有る」
という禅の言葉からとった名前に変わったようです

オラクルのラリー・エリソン氏も禅の言葉に惹かれたのでしょうか



ところで
モルガンの別荘にあたる邸宅は分からなかったのですが

そもそもお雪さんがモルガン氏と出会ったのは
当時お付き合いのあったマキノ省三も介していたらしい
4万円という高額な身請け金を吹っ掛けたのも
なかば、それなら諦めるかも知れないという、魂胆があったみたい
ですが、相手はアメリカのモルガン財閥の一族
即「OK」だったのですね

そのマキノ省三の息子が映画監督のマキノ雅弘という
その息子がマキノ正幸といい
沖縄アクターズスクールを運営しているという

その沖縄アクターズスクール出身の
安室奈美恵さんが引退表明され驚きました
(引退後は京都に住まわれるとか)

マキノ家は映画・芸能ファミリーで
俳優の津川雅彦もいらっしゃる

南禅寺界隈別荘群を提案した塚本与三次ですが
加計学園や塚本幼稚園もあるいは関係あるのかしら

そんなこんなでついつい逸れてしまった

当初書こうと思っていたのは
五番街のエマニュエル・テンプルとジェイコブ・シフの邸宅









[PR]
by caramel24carat | 2017-09-23 09:20 | 歴史・人物

南禅寺界隈の別荘群




うす曇り~⛅

白花の玉スダレが咲いてます


b0209886_15411586.jpg


ところで
前回、玉の輿に乗った京都生まれの
モルガンお雪のこと書きましたが

1901年(明治34年)当時30歳の金融王JPモルガンの甥っ子
ジョージ・デニソン・モルガン(George Denison Morgan)と出会い
1904年(明治37年)横浜にて結婚し渡米するが
居心地があまり良くなかったらしく

(そもそも1904年といえば、日露戦争のころじゃないでしょうか?
高橋是清がクーン・ローブ商会のジェイコブ・シフから戦費を調達できた
そんなころですよね)

1905年(明治38年)京都に戻り
2年ほど
京都南禅寺橋のモルガンの別荘
に住んでいたという情報があり

どんなところかしら?とちょっと関心を以って調べてみると

なんと驚くことに

明治新政府になって廃仏毀釈令なんかが出され
南禅寺の広大な敷地は明治政府に没収されたらしい

その没収したお寺の敷地を分割して

琵琶湖疎水から水を引き
日本庭園をもつ立派な数寄屋造りの別荘が15戸建てられた、という

たぶんその一戸がモルガンの京都の別荘だったようだ

それにしても気になるのが
お雪の見請け金当時の4万円(数億円とも)の行方?

日露戦争の戦費に消えたとか
どうなんでしょうね?

Wikiより引用

南禅寺界隈別荘(なんぜんじかいわいべっそう)は
明治新政府が召し上げた臨済宗南禅寺の敷地を開発した後に建つ
15邸の広大な別荘

  • 碧雲荘(へきうんそう)
  • 何有荘(かいうそう)(旧稲畑勝太郎邸)
  • 対龍山荘(對龍山荘)(たいりゅうさんそう)
  • 流響院(りゅうきょういん)旧織寶苑(しょくほうえん)
  • 清流亭(旧塚本與三次邸)
  • 真々庵(旧染谷寛治別邸)
  • 無鄰菴(むりんあん)(旧山縣有朋別邸)
  • 智水庵(旧横山隆興別邸)          住友
  • 怡園(いえん)(旧細川家別邸)
  • 旧上田秋成邸(現 料理旅館八千代)
  • 旧藤田小太郎邸(洛翠
  • 旧寺村助右衛門邸(現 料理旅館菊水)

    ”近江出身の実業家、塚本与三次(つかもと・よさじ、京都商事社長)が
    構想したのが高級別荘地への転用(分譲)でした”

    塚本姓でふと思い出すのが
    高級鮨のすきやばし次郎の入っている
    塚本総業ビル?

    そうそうワコールかな
    (女性なら知ってますよね)
    創業者塚本幸一

    b0209886_15535490.jpg

    明治の大物政治家山形有朋や住友や三菱や
    また実業家の野村や松下等に払い下げられたようですね

    稲畑勝太郎所有であった5000坪の何有荘は
    明治の社交場で ヘレンケラーや渋沢栄一なども訪れた

    時代とともに所有者が変わっている
    5000坪とか1800坪と広大だから維持費もそれなりに

    ★対龍山荘は、谷崎潤一郎→市田→現在ニトリの保養所らしい

    ★流響院は、塚本与三次、三菱財閥、米軍(宿舎)、
    龍村美術織物、宗教団体の真如苑と変わった

    イブモンタン・ヒッチコック・ピーエルカルダン・チャップリンなどが
    訪れたことがあったらしい



    (非公開らしい)


    モルガン邸はどこだったのでしょうか?






















  • [PR]
    by caramel24carat | 2017-09-20 15:44 | 歴史・人物

    秋海棠とバイロンのアルバニア風衣装がステキ




    小雨がちだった空も晴れて気持ちのいい青空が~☔~☀


    涼しくなったとはいえ
    扇風機を回しています~

    秋海棠(シュウカイドウ)のお花が咲いてます

    b0209886_16135873.jpg



    秋海棠はベゴニアの一種らしい
    中国からの帰化植物
    野生種で時期になると自生し花を咲かせる

    b0209886_16154555.jpg


    放ったらかしでもOKなので
    ありがたいわ





    ところで

    前回のドーソンヴィル伯爵夫人が
    著した
    詩人のバイロンさんて

    名まえは聞いたことあったのですが
    肖像画をみてびっくり!

    伊達男らしく
    肖像画は
    アルバニア風の衣装を着た
    エキゾチックでステキな紳士だけど
    (Wikiより引用)


    b0209886_16351977.jpg


    Lord Byron in Albanian dress

    第6代バイロン男爵ジョージ・ゴードン・バイロン
    (George Gordon Byron, 6th Baron Byron
    1788年1月22日- 1824年4月19日)

    なんと
    36歳で亡くなられたのですね

    短命のわりにネームバリュがあるのは
    その美貌と自由奔放な生きざまからかしら

    いや詩人として!?

    アルバニアの国旗
    双頭の鷲なんですね!

    b0209886_17121227.png


    ダンディな伊達男バイロンさんですが

    Wikiによれば

    イギリスの詩人
    バイロン卿として知られ
    単に「バイロン卿」といえば
    第6代男爵を指す、らしい

    素敵な遊び人風なバイロンさんは
    10歳で第6代バイロン男爵を継ぎ
    ノッティンガムの土地と館ニューステッド・アビーを相続した

    そのニューステッド・アビーは
    相続したときはかなり荒れていて
    翌年にはロンドンへ行き
    ハーロー校を経てケンブリッジに進学したが
    学業を顧みず放埒な日々を過ごした、という


    社交界の寵児として恋に憂き身をやつし
    何度も結婚し別れを繰り返したらしいですが

    なんと

    1815年、アナベラ・ミルバンクと結婚したが
    このときのご息女エイダ・ラブレス
    世界最初のプログラマーとされているというから
    驚きです!

    父親バイロン卿に似た美貌の持ち主だったとか

    ああ、Adaエイダさん!
    (以前聞いたことあったような)

    バイロンの娘だったのね

    b0209886_17045700.jpg


    ”ラブレース伯爵夫人オーガスタ・エイダ・キング
    (Augusta Ada King, Countess of Lovelace
    1815年12月10日 - 1852年11月27日
    19世紀のイギリスの貴族の女性
    ミドルネームのエイダで知られる
    結婚前の姓はバイロン

    詩人第6代バイロン男爵ジョージ・ゴードン・バイロンの一人娘であり
    数学を愛好した

    主にチャールズ・バベッジの考案した
    初期の汎用計算機である解析機関についての著作で知られている”








    [PR]
    by caramel24carat | 2017-09-06 17:20 | 歴史・人物

    トラの尾とドラえもんのお誕生日と横須賀の戦艦三笠と




    今日もまだまだ暑いです~☀


    ウスムラサキのトラの尾が咲いてます

    b0209886_11240007.jpg



    トラと言えば虎ですが

    以前
    虎ノ門ヒルズへ行ったときに
    ドラえもんがマスコットみたいで
    ビルの敷地の案内看板で見かけました

    ちょっと気になっていたのですが
    (まあ、つまんないこと気にしてるかしら)

    ところで
    ドラえもんのお誕生日って知ってました!?

    なんと

    2112年9月3日ですって!
    未来からタイムトラベルしてた
    ネコ型ロボットだったのね

    なぜか
    ドラえもんと言えばどら焼きが好きみたいですが

    どら焼きと言えば

    文明堂の三笠山~



    奈良の若草山のこと三笠山とも呼ぶらしいですが
    そこが名前の由来とか


    b0209886_15091102.jpg


    その文明堂といえば
    南蛮より伝来した
    カステラ~

    虎ノ門ヒルズのオーパル広場にあった
    大きなオブジェは
    バロセロナの作家のものでした

    そんなこんなで
    南蛮とゆかりがあるみたいな虎ノ門ヒルズですが

    どら焼きの名前にもなっている
    奈良の三笠山ですが

    戦艦三笠
    奈良の三笠山が由来らしい

    まあ、でもなんで奈良なんでしょうか?
    (なんかもっと他の意味があったりしても
    それはイエナいのでしょうか?)

    奈良といえば
    徳川綱吉の側用人だった
    六義園の柳沢吉保の長男吉里
    享保9年(1724年)3月11日
    大和郡山に転封されていますが

    ??

    享保9年(1724年)に甲斐一国の幕府直轄領化に伴い、大和国郡山藩に転封となると、吉里は柳沢氏郡山藩15万石の初代藩主となった。また、吉里の郡山藩への転封に伴い甲府新田藩は廃藩となった”

    綱吉といえば
    (火薬疑惑)
    ドイツ人ケンペルス
    (日本地図をシッカリ作成していた)




    前回のイエナ記事で
    ドイツの街イエナには
    光学レンズのカール・ツァイス社があると知りました

    ロシアのバルチック艦隊に勝利した

    大日本帝国海軍の総司令官だった
    東郷平八郎は
    戦艦三笠に乗船し
    カール・ツァイスの双眼鏡を使って
    敵の動向をチェックしていたという

    b0209886_16232398.jpg

    戦艦三笠は

    現在、横須賀の三笠公園に接岸して
    戦艦三笠記念館になっている、らしい





    そして、なんと

    先月、2017年7月
    東郷の双眼鏡が修理に出されたいた
    カール・ツァイス社から
    戻り

    戦艦三笠の指令室で
    帰艦式が行われたようだ


    つい最近のことじゃないですか
    ほんとおどろきです!

















    [PR]
    by caramel24carat | 2017-08-29 15:48 | 歴史・人物