ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

白いベル型の花スノーフレーク




スノーフレークがあちこちに咲いてます




@本日は☂。。若葉が鮮やか~


この時期になるとスズランのような花を咲かせてくる
手間いらずのスノーフレーク
b0209886_11485318.jpg




薄紫の花にらや三つ葉もどんどん増えて手間いらず組さん~
b0209886_1151879.jpg


@写真は昨日撮ったものです。今日は雨でガッカリです。


スノードロップだと思ってましたが、スノーフレークでしたので訂正しました。

◆メモとしてヤサシイエンゲイより引用

スノーフレーク

科名:ヒガンバナ科
学名:Leucojum aestivum
別名:スズランズイセン
原産地:中部ヨーロッパ
草丈:30cm~50cm
主な開花期:3月-5月



スノーフレークとは

スノーフレークの芽

オーストリア、ハンガリーなどに分布する球根植物です。日本の気候では秋に球根を植えて、4月~5月に花を咲かせますが、原産地では主に夏に開花し、「サマー・スノーフレーク」の英名があります。釣鐘状の花がスズラン、幅がある細長い葉っぱがスイセンに似ているところから、スズランズイセンとも呼ばれます。

地際から花茎を1~数本伸ばして、その先端に数輪の花を咲かせます。径1.5cmほどで釣り鐘状、白色で花びらは6枚、それぞれの花びらの先端には緑色の斑点が入ります。葉は幅約1.5cm、長さ約45cmの細い帯状で地際から4~5枚ほど伸ばします。初夏には葉っぱが枯れて、秋まで休眠に入ります。球根の大きさは径3cm~5cmです。

属名のレウコユムは「白いスミレ」と言う意味で、花が白色でスミレに似た芳香を放つことに由来します。種小名のアエスティウムは「夏の」の意で、開花時期から来ています。園芸品種にやや遅咲きで花の大きい’グレヴィティ-・ジャイアント’があり、切り花などにも利用されます。

その他の仲間

スノーフレークの仲間(ヒガンバナ科レウコユム属)はおよそ9種が中部ヨーロッパから地中海沿岸に分布します。スノーフレーク以外には、秋に開花するアウツムナレ〔L. autumnale〕があります。

アウツムナレは秋咲きスノーフレークとも呼ばれ、地中海沿岸に分布します。地際から細めの花茎を伸ばし、その先端に1cmほどの淡いピンク色の花を1~数輪咲かせます。

名前の似た球根植物にスノードロップがあります。花色も同じ白で、混同されがちですが分類上も全く異なる植物です。花も見比べると全然違います。また、スノードロップは早春に花を咲かせ、スノーフレークはサクラの咲く頃に開花します。
[PR]
by caramel24carat | 2015-04-13 11:55 | 植物といきもの
<< 今日採れた絹さや ウォーターフロントの景色@お台場 >>