ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

新作能≪信長≫@熱海MOAと光琳屋敷



さやえんどうの花が咲きだしました~☀



先日、熱海のMOA美術館の能舞台で

新作能≪信長≫

が上演され鑑賞してきました


b0209886_10520915.jpg


昨年からチケットを取り
初めてのお能鑑賞ということで
かなり楽しみにしておりました

しかも
お題はあの信長ですから

まわりには着物を着たマダムたちが
たくさんいらっしゃってました
(あたりは微かに樟脳のにおいが~)

本能寺の変で無念の死を遂げた
織田信長でしたが
新作能では信長の化身と
信長の霊が
怨念を語りながらも最後は諸行無常の悟りを開く
というようなお話でした


ハッキリ言って
信長の化身のシテを舞っていた方が
信長のイメージとは正反対の体形でしたし
動きのほとんどない舞いは退屈でした

後半は
信長の霊が艶やかな装束で
刀を振り回した動きのある舞いに
やっとストレスから解放されました

そもそも
初めてのお能観賞体験で
何にも分かってませんから批判など
もっての外でしょうか

しかし
今回は新作能≪信長≫でしたので
初めてのものですから
もう少し思い切った演出を試みてもよかったのではないかと
思いましたが

(そもそもお能とは何ぞやを分かっていませんから)

でも
お能のような伝統芸能を継承していくのは
本当に大変なことでしょうね



信長は空海と一緒に唐へ留学した
最澄の開いた比叡山延暦寺を焼き討ちしたのでしたね


MOA美術館は
高台にあっていつ行っても気持ちのいいところでした

今回は時期的に
尾形光琳の≪紅白梅図屏風≫が展示されていました
この時期限定
b0209886_11343382.jpg

観賞のあと
お庭へ

b0209886_11483944.jpg


とても手入れされたお庭は散策していて
清々しい気持ちになります

b0209886_11522640.jpg


白壁の建物が京都にあった光琳屋敷を復元したものらしいです

b0209886_11415064.jpg

光琳屋敷の内部

b0209886_11470115.jpg



木の立て札というのは風情がありますね

b0209886_11562028.jpg


簡素な手水鉢

b0209886_11541817.jpg

樵邸

岡山藩の家老の屋敷を持ってきたもの、らしい

b0209886_11583961.jpg

神奈川の大磯にあった
三井家の別邸城山荘から持ってきた
唐門

b0209886_11382124.jpg


と書いてありました

b0209886_12054034.jpg





静かな日本庭園散策を愉しみました


















[PR]
by caramel24carat | 2018-03-13 12:01 | 旅行・建築・アート
<< そろそろブロッコリー 新幹線の停電に遭遇とサクラと富士山 >>