ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

2018年 01月 08日 ( 1 )

赤いモロッコ革の≪ルイ14世の帳簿≫とケネス・ブラナーの≪かぼちゃの馬車≫




今日は小雨が降っている~☔
一昨日、昨日は晴れて穏やかな日でしたが



昨年引越した方から新住所の年賀状が遅れて届いたので
今日8日、10円切手貼って投函しました~
引越しが3,4年ごとくらいにある転勤組なのね



ところで

≪オリエント急行。。≫のポアロ役や≪ダンケルク≫で知った
ケネス・ブラナー監督は
なんと≪シンデレラ≫の監督でもあったのですね!

b0209886_14312342.png


真夜中12時を過ぎると
元のカボチャに戻ってしまう馬車でしたが

b0209886_14334318.png


このケネス・ブラナー監督の
≪シンデレラ≫のカボチャの馬車がホント素晴らしい

b0209886_14354018.png


『シンデレラ』の原作者シャルル・ペローって
ちょうどルイ14世の治世の時活躍した人物で
文化人や科学者を援助し大いにルイ王朝の素晴らしさを
アピールしてもらったようです

ちなみに
シンデレラと王子様が踊った舞踏会会場は
ベルサイユ宮殿の鏡の間
だったのかしら

b0209886_14470142.png


ケネス・ブラナー/Sir Kenneth Branagh
本名: Kenneth Charles Branagh

フランスの貴族の末裔のような気もしますが
(いつもの妄想。。)



ところで
前回、安ワインのボトル、ロルジェリル≪1620≫から
フランス国王ルイ14世の徴収税官吏かつ聖職者の
ピエール・ルイ・ライヒ・ド・ペノーティエ
Pierre Louis Reich de Pennautier
のこと知りましたが

名まえに「Reich/ライヒ」とありますが
この意味調べますと
”ドイツ語において「Reich」は英語の「Empire」とほぼ同義であり、「帝国」”
どういうことなのかしら?
この時代なら神聖ローマ帝国のこと?
ドイツ系移民?


このピエール・ルイ・ライヒ・ド・ペノーティエですが

フランスの歴史では
16世紀~18世紀のフランス革命(1789年)までの
古い社会・政治体制のことを
アンシャン・レジーム(Ancien régime)といい
激しく封建的で特権階級が甘い汁を吸っていた
下々にはツラい時代だった

身分の順列としては
1聖職者が一番高く、次に2貴族、そして3市民・農民とくる


1と2は特権身分で、免税特権があったらしい
えぇ~!?ですね
 ♠

≪ラングドックのヴェルサイユ≫の城主であった
ピエール・ルイ・ライヒ・ド・ペノーティエが
第一身分の聖職者で徴税官吏でもあったということは
超特権階級の身分であったわけですね!

1664年~1683年までブルボン王朝の財務総監を務めた
コルベールという人物がいる
ジャン・バティスト・コルベール/Jean-Baptiste Colbert
1619年8月29日 - 1683年9月6日

ルイ14世が幼いころ宰相を務めていたマザランのもとで
勤勉なコルベールは部下として働き
マザランが亡くなると後を継ぎ財務総監なった、という

ここでマザランと言えば京都で制作された
徳川家光の時代の≪マザランのチェスト≫を思い出す



コルベールはルイ14世の財務総監として
保護貿易や重商主義政策を推進したコルベール主義で
ブルボン王朝の赤字を圧縮した名財務総監だったらしい

そんなコルベールはフランス国王ルイ14世に
ポケットに入る小さな携帯用の
赤いモロッコ革の≪ルイ14世の帳簿≫を持たせた、という

戦争やヴェルサイユ宮殿の嵩む費用の支出を
収入と照らし合わせるため
常時必要な時パッと見れるよう
国王自身で把握してもらうため
コルベールが進言しても持たせたという

実際どんなものだったのか
ググってみましたがよくわかりませんでした、が
説明にある赤いモロッコ革に金の箔押しなら
たぶんこんなものかしら

シャンティイのライブラリーより引用

b0209886_14015285.jpg


カルティエ風?

しかし

1683年、財務総督コルベールが亡くなると
ルイ14世は
もうポケットの帳簿をみるのがイヤになり
放り出したようです

親心子知らず。。

膨れ上がる建設費に糸目をつけないでいた
ベルサイユ宮殿の鏡の間の完成ももうすぐ

「ワシはそんなものはみとうない~」

「朕は国家なり」

ルイ14世の言葉として有名で
絶対主義王政を象徴する言葉、なのだ



ここで過去記事を思い出す
鏡の間に描かれた森蘭丸の家紋鶴丸紋の
奈良の甲冑師岩井与左衛門の鎧兜の絵


実物はアンバリットに所蔵されてました


b0209886_14202807.jpg



ちなみにアンバリット(廃兵院)
戦争で負傷した兵士を看護する施設として
ルイ14世の時建設が始められ
1671年~1674年~1706年に完成している


ベルサイユ宮殿の鏡の間に
徳川秀忠(家康の代理)が贈った甲冑の絵が描かれたわけですが
その当時は
日本では5代将軍徳川綱吉の時代でした

幕府江戸幕府征夷大将軍(在任:1680年 - 1709年)

綱吉と言えば
ドイツ人ケンペルと江戸城で謁見している

鏡の間に描かれた根拠は
綱吉と関係があるのかしら?















[PR]
by caramel24carat | 2018-01-08 15:22 | 本・映画・音楽