ブログトップ

Caramel 24 Carat

caramel24c.exblog.jp

驚きのマスカットと聖イサク大聖堂前広場のキャベツ畑



今日はお盆 昨夜からの雨で若干涼しくなりました~⛅



今朝も傘を差しながら
いつものように庭を部分的にサーっとチェックしていると
これまで全く気が付かなかった
野ブドウ(だとばかり思っていた)の木の根元あたりに
意外なものが見えた

えっ!? まさか。。

なんか可愛らしい実が見える!


b0209886_09130551.jpg


これは一大事とカメラを持って来て
傘を差しながら手前の葉っぱをよけようと
(ピンぼけ一枚とれただけ)
手を伸ばすとポロリととれてしまった


驚きですが
ぷっくらと瑞々しいマスカット5粒でした!
食べてみると甘くて美味しいし種なし

b0209886_09185349.jpg



しかし何年も前から野ブドウのツルだとばかり思って
ツルが伸びるとちょんちょん切ってました
今まで実が成ったなんてことはなかったよね。。

今回発見した実がなっていたのは根元に近いところ

急に”醜いアヒルの子”的な出来事に驚いてます

🍇

先日

頂き物の中にヒスイ色のマスカットがあって
ホント美味しかったのですが

先日とりあえずドンキ風に撮ってみたもの
(メモ代わり)

b0209886_09444822.jpg

後日
スーパーに並んでいるのをみて仰天しました
1パック=1,700円位
ジャイアントマスカットでしたが
お値段もどんだけジャイアントなんだ!


ところで

前回も書きました
サンクトペテルブルグのマリインスキー宮殿前広場
本来の名前は対面に建つ聖イサク大聖堂に因んで
イサク広場ですが
その周りには観光バスがずらっと並んでました

サンクトペテルブルグの有名観光スポットである
聖イサク大聖堂の中へ入ってみました

2014,8
b0209886_10350114.jpg
中は豪華絢爛の大聖堂で
緑の綺麗な孔雀石や大理石がふんだんに使用され
天井に書かれたフレスコ画や黄金の装飾が煌びやか

b0209886_10230845.jpg
聖人の肖像画が並ぶ壁画

中央には赤い衣類を身にまとったキリストのステンドグラスが美しい

b0209886_10215718.jpg

青い柱はラピスラズリしょうか

スケールの大きさと豪華絢爛な内部に仰天でした

ウラル山脈から切り出された大理石も運ばれたようです
b0209886_10321976.jpg
ドームの天井までは100mほどもあるらしい

b0209886_10183786.jpg


そんな中
一つの壁面に昔の写真が展示されていました

よくよく見れば
広場には大きなキャベツがゴロゴロしています

b0209886_10244170.jpg


まあ~なんてことでしょうか!?
イサク広場はキャベツ畑だったのですね

第二次世界大戦では
聖イサク大聖堂の黄金のドームは敵の格好の標的だった
ので灰色に塗り替えたことがあったらしい


b0209886_10294896.jpg


ドイツvsソ連戦のレニングラード包囲戦では
サンクトペテルブルクは何か月も兵糧攻めにあった
それでイサク広場でも食糧確保のため
キャベツ畑になった
という凄惨な戦争の歴史がサンクトペテルブルクでもあったのですね

そういえば日本の国会議事堂前でも芋畑でした!




現在の聖イサアク大聖堂は
ニコライ1世から息子アレクサンドル2世の時代
1818年~1858年の40年間に
再建築されたらしい





[PR]
# by caramel24carat | 2018-08-15 11:28 | 暮らし・ハイ句

抹茶クッキーとウラルのエメラルド鉱山とマリインスキー宮殿前広場の工事現場?






昨日の午後の雷と雨のせいか今日は晴れですがムシムシします~⛅





お盆

梅酒(数年前のもの)とアーモンド入りの抹茶クッキー
昨日ちょっと焼いてみました

b0209886_09514307.jpg



どちらもさっぱりとして美味しい


ところで
ショーメのエメラルドのティアラ
ロイヒテンブルク公のために制作されたとしって
ロシアのサンクトペテルブルクへとブログ記事も飛んできました

1830年~1840年頃制作されたエメラルドのティアラの

b0209886_13374480.jpg



エメラルドはいったいどこから産出されたのか?
と ふと気になって調べてみますと

なんと

1830年農夫によって露出したエメラルドが発見されたという
そこはロシアのウラル山脈東部のタコワヤ川流域で
巨大なエメラルド鉱床だった

0.32~1.77ct
Marysheva Mine, Ural Mtns

b0209886_10053687.jpg



ヨーロッパのエメラルドより引用借用
http://1st.geocities.jp/gemhall2/gemus-emld-euro.htm

この鉱山ではエメラルドの発見とほぼ同時に
新種の宝石アレクサンドライトも発見された

名まえのアレキサンドライトは
ロシア皇帝ニコライ1世の王太子アレキサンドル(後の2世)に因むという

ロシア皇帝に献上された日4月29日がちょうど
アレクサンドル王太子の12才のお誕生日だった、という

そんなわけで鉱床は帝国の管轄になったのですね

アレクサンドル2世の妹であった
ロイヒテンブルク公マクシミリアン妃のマリア・ニコラエブナが
ひょっとして
エメラルドのティアラを付けた写真はないものかと
捜してみましたが見当たらず
ボアルネ家の兄弟のものかしら。。

ところで

ニコライ一世から

エルミタージュ美術館にて

b0209886_08425010.jpg


マリアに贈られたマリインスキー宮殿前広場には
ロシア皇帝ニコライ1世の騎馬像が建ってましたが

b0209886_08374001.jpg



4年前の旅行中は重機が並んだ工事現場でした

b0209886_08384513.jpg


2014.8 マリインスキー宮殿前にて

b0209886_08350832.jpg




ふと気になって調べてみますと
たぶん最近訪れた方の口コミ情報によれば

ラウンドアバウト
(環状交差点)

を当時造成していたんじゃないかと思われます

b0209886_08395682.jpg



ラウンドアバウトは信号機ナシの環状交差点ですが


KAMAZってロシアのトラックメーカーかな

b0209886_09093455.jpg


ラウンドアバウトって
いいですよね
事故率も低いそうですし


ニコライ1世の騎馬像を中心に
環状交差点を造っていたであろう
工事現場
b0209886_09070613.jpg



なんどかラウンドアバウトの交差点グルグルしたことがありますが
信号待ちのストレスがなくていいですね


夕暮れの時の聖イサク大聖堂とホテルアストリア

b0209886_09044338.jpg



工事現場好きなので。。











[PR]
# by caramel24carat | 2018-08-13 11:28 | 旅行・建築・アート

ロシアへ行ったマクシミリアン・ド・ボアルネとマリア・ニコラエヴナ (ロイヒテンベルク公妃)とマリインスキー宮殿




うす曇りからいつしか手強い日差しが射している~☀


運動不足を解消せねばと
涼しいうちにエアー縄跳びを一分間飛んでみる
(なわとびがなかったので。。)

要はぴょんぴょんとんだだけですが結構効きます
(お手軽がモットーでして)

二年後の酷暑を心配して
東京五輪時にサマータイム導入云々が議論されているようですが

そもそも子どもの時から運動会は秋晴れのもと行われたていたのに

五輪も開催を秋にずらせばいいだけなのに。。
夏休み中の一番暑い時に開催をするのは
海外からの観光客を見込んでのことかしら

ミスター・サマータイム~♪
とサーカスが歌ってましたが
あれは夏の日の幻。。と後から歌いましょうか


昨日は混雑を避けお墓参りに行ってきました
(百合が咲いているうちに)

庭からユリとメドーセージとナルコランの葉を切って
(気持ちだけのお花で炎天下ではすぐ枯れるしね)

b0209886_09291478.jpg

ところで

ナポレオンの養子だったウジェーヌ・ド・ボアルネの奥さまは
バイエルン王国の王女
アウグステ・アマ―リア・ルドヴィカ・フォン・バイエルン

b0209886_09411404.jpg

ウジェーヌとアマリアの住まいはミュンヘン・レジデンツの側に
ロイヒテンブルク宮殿を建ててもらいました

ロイヒテンブルク公夫妻には
7人の子どもがいましたが

末っ子にマクシミリアンがいました

マクシミリアン・ド・ボアルネが
ロシアのサンクトペテルブルクへ訪れた時
ロシア帝国皇帝ニコライ1世の長女マリアと恋愛します





Maximilien Joseph Eugene Auguste Napoleon de Beauharnais

Russian: Максимильян 3 фон Лейхтенбергский, князь

1817年10月2日ミュンヘン生まれ
    1852年12月1日サンクトペテルブルグ没(35才)

マリア・ニコラエヴナ (ロイヒテンベルク公妃)
ロシア皇帝ニコライ1世の長女
1819年8月18日 サンクトペテルブルク生まれ
1876年2月21日 同地  56才 没

b0209886_10532501.jpg

マクシミリアンとマリアは晴れて
サンクトぺテルブルグの冬宮殿で結婚する
1839年7月2日

冬宮殿というのは現在のエルミタージュ美術館ですね


二人のための住まいが
1839年から1844年にかけて建造された
マリインスキー宮殿


b0209886_10282632.jpg
「マリインスキー」は「マリアの」宮殿という意味らしい

ロシア皇帝ニコライ1世から娘へのプレゼントでした

元陸軍士官学があったところだったようだ
1917年ロシア革命が勃発した時には
臨時政府はマリインスキー宮殿を国会議事堂とした
1991年からはサンクトペテルブルクの市議会が置かれている、らしい

ロシアの国旗とサンクトペテルブルク市旗が掲げられている

銀の海の錨と川の錨が交差し真ん中に金の王笏
b0209886_08295520.png


対面に建つ聖イサク大聖堂からの眺め
(ネットより)


b0209886_10295445.jpg
画面左側の赤い丸いテントが並んだ建物はホテルですが

2014年8月 サンクトペテルブルク にて
聖イサク大聖堂のドームと赤いテント
b0209886_12122741.jpg


4年前、サンクトペテルブルクの旅では
隣のホテルに宿泊していたので
モイカ河沿いを散歩し帰り路では前を通って
毎日あたりをウロウロしてましたので
懐かしいです








残念なことに
当時工事中でゴチャゴチャしてました


ロシア帝国の皇族となってサンクトペテルブルクで
過ごしていたミュンヘン生まれの
マクシミリアン・ド・ボアルネは

なんと35歳の若さで亡くなっています
異国での皇族としての暮らしはどうだったのでしょうか?


その後
残されたマリアは再婚してます
なんと
お相手はロシアの大富豪ストロガノフでした!

驚きですが

ストロガノフ宮殿はロシア美術館の分館になっていまして
4年前の旅では訪れたことがありました










[PR]
# by caramel24carat | 2018-08-11 12:03 | 歴史・人物

マリ・エティエンヌ・ニト制作のミュンヘン・レジデンツの宝飾品とロイヒテンブルク宮殿と



昨日、今日と台風の影響もなくかんかん照りの青空が~☀



洋種ヤマゴボウがブドウ色に色付いてきました

🍇

今朝は鳩が飛んできてついばんでいました
赤い実は毒だというのに
ハトは平気なのかしら?

b0209886_10495781.jpg

洋種ヤマゴボウはタネが飛んで繁殖力が半端ない
かなり大きく育つので2,3本ハト用に残して
双葉を見つけると摘んでました


前回
フランクフルト大公になった
ウジェーヌ・ド・ボアルネが皇帝ナポレオンが失脚すると
ウジェーヌもすべてを失い
フランクフルト大公国が併合されたバイエルン王国のミュンヘンへ亡命した、と知りました
奥さまはバイエルン王国の王女(マクシミリアン1世の娘)
オギュスタ=アメリー(ドイツ語名アウグステ・フォン・バイエルン)でした

そして
バイエルン王マクシミリアン1世は
フランスを逃れて来た娘婿ウジェーヌのために
ロイヒテンブルク公爵を授けたのですね

そもそも

ロイヒテンブルク公を知ったのは
先日、≪ショーメ展≫で見た
美しいエメラルドのティアラのキャプションで
その名を初めて読みました


b0209886_10195542.jpg
≪ロイヒテンベルクとして知られるティアラ≫

1830-1840年頃

そんなわけで

ロイヒテンブルク公のことを調べる
きっかけになったのですが
オルタンスの兄ウジェーヌ・ド・ボアルネのことと知り
フランクフルト大公でもあったことから
それならと、前回
フランクフルトの旅の思い出を綴りました

ところが
なんと
ウジェーヌがバイエルン王女と結婚してて
義父のナポレオンが失脚し
ウジェーヌファミリーも
妻の実家のあるミュンヘンへ亡命したと知ってビックリ!

それ!ミュンヘンなら行ったことあります~
フランクフルトへ行く前に
ミュンヘンも観光してました

(ミュンヘンからフランクフルトへはICEで移動しました)


バイエルン州立歌劇場


b0209886_11442788.jpg
そして
バイエルン王の宮殿であった
レジデンツ・ミュンヘンを見学してました

端正な外見からは想像できませんが
ここはベルサイユ宮殿のように大小400ほどの煌びやかな
部屋がありました

b0209886_11391145.jpg
その初めの展示室には
王室の宝飾品の数々が展示されてましたのを思い出しました


b0209886_11461866.jpg
その中でも特に大きなガラスケースで覆われた
王冠や宝石で飾られた杓が目を引きました

b0209886_11573301.jpg
そして
今回改めて撮った写真を見直しし
キャプションの説明文を読んでますと
制作者はショーメの創業者であった
マリ=エティエンヌ・ニトの名まえを発見

b0209886_11534761.jpg
ショーメの創業者マリ=エティエンヌ・ニトは
バイエルン王家の御用達でもあったのですね

b0209886_11522242.jpg
それにしてもほんと素晴らしい職人の技!

杓(杖?)の先端の細工が王冠
ルビーの石も華やか
b0209886_11591470.jpg
ゴールドの繊細な細工、ルビーやエメラルド
b0209886_11595623.jpg
ダイヤモンド等の加工技術はすでにあったのですね
b0209886_12044852.jpg



ショーメ展で見た真珠にはミキモトとありましたが?

b0209886_12040364.jpg



バイエルン王国は歴史が深いですね

シルクが大好きだったワーグナーのオペラは
ここバイエルン州立歌劇場で初演されたとか
お題わかります?


b0209886_11375930.jpg


ミュンヘンの中心部にミュンヘン宮殿とバイエル州立歌劇場が建ってますが
横のマクシミリアン通りにはトラムが走ってました
ミュンヘンへ駅まではトラムが便利でした

そして
今回知ったのですが
すぐそばには
ミュンヘンへ亡命してきた
ウジェーヌとアウグステ・フォン・バイエルンファミリー用に
ネオクラシック様式の
ロイヒテンブルク宮殿が建てられあてがわれたようです

現在
バイエルン州の財務省が入っているようです

b0209886_12122963.jpg
政略結婚であった
ボアルネ家ファミリーですが凄いですね

夫妻の7人の子どもは
スウェーデン王妃になったり
  • ジョゼフィーヌ・マクシミリエンヌ・ウジェニー・ナポレオーヌ(1807年1876年)
    - スウェーデン=ノルウェーオスカル1世妃。

    ドイツ貴族妃だったり
  • ウジェニー・オルタンス・オギュスト (1808年1847年)
    – ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯コンスタンティン妃。

    ポルトガル女王の王配になったり
  • オギュスト・シャルル・ウジェーヌ・ナポレオン (1810年1835年)
    – ロイヒテンベルク公。サンタ・クルス公。ポルトガル女王マリア2世の最初の王配。

    ブラジル皇帝の皇后になったり
  • アメリー・オギュスト・ウジェニー・ナポレオーヌ (1812年1873年)
    – ブラジル皇帝ペドロ1世の2度目の皇后。

  • テオドランド・ルイーズ・ウジェニー・オギュスト・ナポレオーヌ (1814年1857年)
    – ヴュルテンベルク伯爵およびウラッハ公爵ヴィルヘルム1世夫人。

    ロシアの貴族になったりしてますね
  • カロリーヌ・クロティルド(1816年1816年)
  • マクシミリアン・ジョセフ・ウジェーヌ・オギュスト・ナポレオン (1817年1852年)
    – ロイヒテンベルク公およびロシアのロマノフスキー公。

    👑





  • [PR]
    # by caramel24carat | 2018-08-09 14:55 | 旅行・建築・アート

    Vital juice≪ジュリア・ロバーツ≫とレーマー広場と正義の女神とオルタンスの兄ウジェーヌ



    ここ2.3日がこの夏の最高温度だったのかも~薄曇り



    暑い夏に
    元気のでるニンジンやオレンジを絞った
    バイタル・ジュースが美味しい

    もう3年前になりますが

    フランクフルトのシュテーデル美術館のカフェで飲んだ
    バイタル・ジュース≪ジュリア・ロバーツ≫
    がとっても美味しかった


    ことをつい思い出しました

    2015年7月7日
    b0209886_10023274.jpg


    バイタル・ジュースの名まえに
    女優の
    ジュリア・ロバーツやニコール・キッドマンや
    男優ポール・ニューマン等が
    あっておもしろかった

    ちょうどこの時
    ドイツでは猛暑で最高気温を記録し
    フランクフルトでも38℃超えの猛暑だった

    🌞

    宿泊したフランクフルト駅前のホテルでは
    冷蔵庫に無料の飲み物が詰められていて
    ありがたかった

    懐かしいラムネビンのような飲み物等

    b0209886_10363531.jpg



    不思議なお部屋で
    ベットルームに比べて
    異常に大きいバスルーム(4畳半ほどあったかも?オーバーかな)
    が印象的でした~


    b0209886_10370991.jpg



    しかしこの時はほんと暑かったので
    広~いバスルームはなかなか良かった


    シュテーデル美術館の見学を終えて
    ジュリア・ロバーツとアイスコーヒーを飲んだ後
    マイン川を渡り

    アルトシュタット(旧市街)のレーマー広場へやってきました
    レーマーというのはドイツ語で「Römer」で
    即ち「ローマ」のことなんですね
    今調べたんですけどね。。

    可愛らしい木造りの建物が並ぶレーマー広場

    b0209886_10163336.jpg



    神聖ローマ皇帝が戴冠式を行った
    「レーマー=Römer」と呼ばれる
    歴史的な建造物が並んでましたが
    広場はそこから名付けられたようです

    EUの旗とドイツ国旗とフランクフルトの旗が並んだ
    レーマー=Römerことフランクフルト市庁舎

    b0209886_10125306.jpg


    この時
    このフランクフルト市庁舎の見学はよくわからなくて
    素通りしてたのでした

    広場はゴチャゴチャしてたしアツいし。。

    b0209886_10114060.jpg




    このレーバー広場には
    正義の女神像
    が建っていたのですね
    とは
    今になって知ったのですが


    よく見ないと分からないのですが
    右側に剣と天秤を持った女神像が立ってます

    剣は力 天秤は正義 を表している


    ギリシャ神話ではテミスの女神
    法と正義のシンボル的な女神で
    司法と裁判の象徴なんですね

    b0209886_10154923.jpg


    ローマ神話においてはユースティティア女神という
    (Jūstitia あるいは Iūstitia)

    なんと拡大した画像がWikiにありました


    b0209886_11595074.jpg





    近代・現代においては
    秤を手に持ち、司法における正義の象徴として像に表現される
    、彼女は正義の女神として、欧米においては司法の象徴ともなっている



    そんなフランクフルトの歴史的な建造物と女神像を
    改めて知りましたが

    b0209886_10091744.jpg


    フランクフルトと言えば
    何といっても金融都市としても名高い

    ユーロ=€
    のシンボルマークが有名な
    欧州中央銀行 ECB


    フランクフルト駅から数分歩くと正面に見えました

    b0209886_10064012.jpg


    そして
    ロスチャイルド家発祥の地でもありますが

    フランクフルトではウォーバーグ家とも閨閥を形成してたようです

    ロスチャイルドの代理人だった?
    ポール・ウォーバーグは
    中心人物となり

    1913年
    アメリカ連邦準備制度(中央銀行)FRBを設立している

    連邦準備制度というのは
    なんか意味不明でよくわかんないですよね。。

    ナポレオンの皇后ジョセフィーヌの連れ子に
    オルタンスという娘がいましたが
    お兄さんがいまして
    ウジェーヌ・ド・ボアルネといい
    ナポレオンの右腕となりいくつもの戦いに参加していたようです

    ウジェーヌ・ド・ボアルネは
    一時期
    フランクフルト大公だったことがあったようです

    ”1806年
    フランクフルト市は神聖ローマ帝国の解散にともなって
    帝国自由都市としての地位を失った
    フランクフルト市は
    マインツ大司教カール・テオドール・フォン・ダールベルクに与えられ
    フランクフルト大公国となった

    フランクフルト大公国
    1810年から1813年の間に、現在のドイツに存在した王国である
    マインツ大司教領英語版自由都市フランクフルト英語版
    合わせて成立したナポレオンの衛星国であった。”

    ”ナポレオンのライプツィヒでの敗戦を受けて
    ダールベルクは1813年10月26日に退位してウジェーヌに譲位した
    同年12月、反仏同盟軍の攻撃により大公国が消滅
    占領されたフランクフルト市は自由都市に復し
    大公国の大半はバイエルン王国に併合された”



    ウジェーヌ・ド・ボアルネ
    ほんの短い間(2ヶ月ほどか)
    フランクフルト大公だったわけですね

    イタリア副王でもあったウジェーヌはナポレオンの失脚後は
    フランクフルト大公国が併合されたバイエルン王国の
    妻の実家(マクシミリアン1世の娘であった)のあった
    ミュンヘンへ行くのですね
    そこでロイヒテンベルク公となる

    1806年1月14日
    ナポレオンの養子ウジェーヌ・ド・ボアルネ
    バイエルン王女オギュスタ=アメリーが結婚
    (ドイツ語名アウグステ・フォン・バイエルンマクシミリアン1世の娘)

    妹オルタンスは
    ホランド王妃となってナポレオン3世の母となりましたが
    兄のウジェーヌの子孫はヨーロッパの各王室と姻戚を結んでいて驚き

    👑








    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-08-07 13:15 | 旅行・建築・アート

    ≪ミッション・インポッシブル/フォールアウト≫観賞後の雑感


    百合の花があちこちにもう咲いている~☀

    いつもはお盆のころに切っているので
    一週間ほどちょっと早いような気がします

    b0209886_12002326.jpg




    百合ってこの暑い時期に楚々として咲き
    お墓の供花の切り花用に
    タイミング的に重宝している

    放置状態でタネが飛び毎年咲く
    中には
    2メートルの背の高いものには20コほどの蕾を付けている


    昨日は
    前日に公開された
    トム・クルーズ主演の第6作
    ≪ミッション・インポッシブル/フォールアウト≫
    を見てきましたが

    あまりにも盛りだくさんでグッタリ疲れましたわ~

    ニュージーランド、アブダビ、パリ、ノルウェー、ロンドンと
    ロケ地もアチコチでしたが
    (エンディングロールのユニットによれば)

    期待していたパリでは
    エレガントなパリの街をエンジン音を轟かせバイクで爆走したりと
    過激なカーチェイスばかりで息つく暇もない

    凱旋門へ続くシャンゼリゼ通り
    正面がオペラ座のピラミッド通り
    グラン・パレ
    ノートルダムが見えるセーヌ河岸
    パレ・ロワイヤルの並木道
    などなどのパリの有名観光スポットが登場しますが
    扱いが残念極まりない

    パリでは
    プルトニュウムの仲介人として
    謎の1人のプラチナブロンドの美しい女性
    ホワイト・ウィドウが登場しますが

    ふと気になってホワイト・ウィドウを検索すると
    なんと
    植物がありました!


    b0209886_13493247.jpg


    あるシーンでは

    ノートルダムを背景にしたセーヌ河岸で
    (いかにもパリ風)
    ハントと仲介人のヴァネッサ・カービー演じる
    ホワイト・ウィドウと会うのですが

    b0209886_13130236.jpg


    ネットより引用 撮影合間のワンシーン

    プルトニュウムを扱うような謎の人物が
    そんな場所で?絶対会うはずがないじゃないとも思える
    なんかガックリくるような設定に
    唖然としましたわ。。

    もっとパリではカーチェイス満載のシーンばかりじゃなくて
    パリなんだから
    もっとゴージャスなシーンと意外なストリー展開が欲しかった

    絶景はいっぱいあったのですが...


    独断と偏見の雑感でした。。

    ヴォリューム的に3本分くらいあったような気がします









    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-08-05 13:15 | 本・映画・音楽

    紫陽花はオルタンシアそして無料バスと2025年万博!?





    鳴き止まぬ蝉しぐれもオーガスト~☀



    昨日から八月入りしてましたね~
    「オーガスト」ですね
    もう3分の2の月日が過ぎ去ったのね
    八月=Augustは
    シーザーを義父にもつ
    初代ローマ皇帝アウグストゥスが由来だったのですね


    ところで

    前回にも書きました≪ショーメ展≫は

    パリ、ヴァンドーム広場に創業した宝飾店でしたが
    皇帝ナポレオン1世ファミリーの御用達でした

    ショーメの紫陽花を象ったリング

    b0209886_09402470.jpg

    ショーメのサイトより引用転載
    (画像がオッキイネ)

    皇帝ナポレオンの皇后ジョセフィーヌには
    前夫との間に二人の子どもがいました
    その連れ子の娘にオルタンス・ド・ボアルネがいました

    Hortense de Beauharnais

    なんと
    「オルタンス」という名まえは「Hortensia=紫陽花」から
    名付けられたのですね

    オルタンスの肖像画

    b0209886_09372983.jpg


    wikiより

    伝統的なオルタンシアは今でも創られている
    ショーメのコレクション≪オルタンシア≫

    展示会場には
    紫陽花を象ったブローチがありました

    撮影不可でしたので
    Fasionsnapよりお借りしました

    b0209886_10061455.jpg


    オルタンス・ド・ボアルネは
    皇帝ナポレオンの弟ルイ・ボナパルトと結婚し
    オランド国王(オランダ国王)妃となったのですね

    オランダと言えばアジサイ。。

    しかし
    ルイ・ナポレオンとオルタンスは
    3人の子どもがいたけれど離婚し
    (長男は病死)
    三男のシャルル・ルイ=ナポレオンだけは
    オルタンスが引き取ったようです

    この三男シャルル・ルイ=ナポレオン
    のちのナポレオン3世なのですね!

    ちょうど日本では大政奉還の前夜のころ

    渋沢栄一が
    1867年(慶応3年)3月7日に
    パリへ短期留学する徳川斉昭に随行して渡欧している
    この時
    最後の江戸幕府の将軍徳川慶喜の名代弟徳川斉昭と共に
    パリ万国博覧会
    に参列し
    オルタンスの三男だった
    フランス国王ナポレオン3世に謁見している

    会期6ヶ月ほどの間に1500万人が来場したというから凄い!
    1867年4月1日~11月3日

    b0209886_10312224.jpg


    1867年のパリ万博に1500万人もの人々が訪れたとは
    ほんと驚きなんですが

    先日
    ≪ショーメ展≫へ行ったその日

    b0209886_10492253.jpg



    新丸の内ビルの前に
    無料の巡回バスがちょうどドアが開いて停まっていました

    ちょっと時間もアリ興味もあって
    なんせ無料ですからヒョイと乗ってみました
    クーラーが効いていて涼しい~
    はとバス気分

    丸の内シャトル

    b0209886_10543919.jpg


    丸の内界隈の日本を代表する大企業前を巡回するバスで
    日経ビルには横づけに停車

    b0209886_10524029.jpg



    日比谷通りを巡って有楽町でUターンし
    三菱ビル前で下りました

    そんな中驚いたのが

    なんと
    2025年日本で!?
    万博開催という横断幕を目にしました!


    b0209886_10454600.jpg


    オリンピックの5年後には万博が開催される!

    「実現へ。。」

    ということは
    よく読めば決定ではないのですね

    決定しているのかとつい勘違いしてました。。









    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-08-02 10:55 | 旅行・建築・アート

    ✨キラキラのティアラをショーメ展でミタ




    台風一過の気持ちのいい青空が広がっている~☀



    昨日、東京駅そばの


    三菱一号館美術館で開催されていた

    ≪ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界≫
    ー1780年パリに始まるエスプリ


    を鑑賞してきました


    ナポレオン1世や皇后ジョセフィーヌの王室御用達でもあった
    パリ、ヴァンドーム広場に
    マリ=エティエンヌ・ニトによって創業された
    宝飾店ショーメ

    その繊細な細工の美しい歴史ある数々の宝飾品に
    うっとりしました

    この画像は撮影可の展示室に飾られた
    ティアラの試作品、サンプル、マイヨショール(模型)の数々です

    b0209886_10085390.jpg

    こちらはガラス越しで撮ったティアラ


    b0209886_10174423.jpg
    展示総数300点ほどの
    大変見ごたえのある展覧会でした

    繊細な職人によって製作された
    自然界の花や生物を象った
    上流階級の人たちのために制作された
    趣向を凝らした宝飾品の数々にはウットリでした


    b0209886_10195542.jpg
    エメラルドの美しい
    ≪ロイヒテンベルクとして知られるティアラ≫

    1830-1840年頃

    b0209886_10204170.jpg


    皇帝ナポレオンの妹カロリーヌ・ミュラのティアラ

    1810年ごろのもの

    b0209886_10301126.jpg



    驚いたのが
    なんと
    真珠はミキモトと書かれています


    b0209886_10304028.jpg

    カーネーションのティアラ

    b0209886_10340517.jpg



    1905年

    b0209886_10365353.jpg


    パンジーのティアラ

    b0209886_10431342.jpg
    1850年ころ


    b0209886_10361853.jpg



    ナポレオンの皇后ジョセフィーヌのティアラは

    ≪麦の穂≫を象ったものでした
    撮影不可でしたのでお借りしました

    ファッションスナップより

    b0209886_10485597.png


    麦の穂は繁栄と肥沃のシンボルで
    ジョセフィーヌが好んだものらしい

    そういえばサンローランも麦の穂でしたよ


    3階から1階にかけて18の展示室にて
    たくさんの人が見学に訪れていました


    b0209886_11005382.jpg



    見学の後
    カフェ≪1894≫に行きましたが
    まあいっぱいで60分待ちなので
    数年前に一度行ってますが
    今回はゆっくりしたかった~
    待ってられないので即退散


    東京駅前にて


    b0209886_11034901.jpg







    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-07-30 11:05 | 旅行・建築・アート

    自前&自家のジュースと≪ハゲタカ≫の撮影ホテルは?



    今日はムシ暑いです~薄曇り



    先日、赤紫蘇の葉っぱを摘んで
    手作り梅干に使いましたが

    綺麗な梅酢+シソ液に
    お砂糖投入して美味しい原液ができて
    喜んだのも

    束の間

    保存容器に入れ替えてフタをするときに
    スベッてひっくり返ってしまいました~
    ああぁぁ~~

    覆水盆に返らず===

    若干、ビンの底に残っていたものを
    今日はムシ暑いので
    シソジュースにして飲みました

    b0209886_10213118.jpg



    サッパリしてほんと美味しい
    中の実は
    今朝採ったミニトマト(皮剥いて)を投入
    (ちょっと自己満で頑張ってミタ)

    覆水盆に返らず
    ホント残念だったので


    まだ赤紫蘇が生えているので

    今度は
    自前じゃないけれど
    お酢を買って作り直そうと思う


    ところで

    先日
    GYAOで配信されていた
    TVドラマ≪ハゲタカ≫第一話をみました

    しばらく見ていますと
    あれ?アレ!?あれは!

    と見たことあるホテルが登場したのです

    日光の○○ホテルと言ってましたが
    撮影現場は違うね!

    前庭を散策したり
    映っていたホテル内のロビーの椅子に座ったこともあったので
    よく覚えています

    元蒲郡プリンスホテルで
    現在は蒲郡クラシックホテルですね

    エンディングで
    撮影協力の字幕に名まえがありました
    やっぱりね~ウフフ


    b0209886_10394990.png


    ずいぶん前
    キムタク主演のドラマ
    某TV局の≪華麗なる一族≫でも
    ロケ地として使われたことがありました

    マイブログの
    過去記事でホテルのテラスからの眺め


















    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-07-26 10:44 | 暮らし・ハイ句

    狂い咲き?




    カラカラのお天気~☀


    イヤにカラっとしているので
    湿度計見ますと

    50%!
    いつもは65~85%くらいだったと思う



    藤の花も猛暑に強いらしく
    ツルを奔放に伸ばしている

    なんと花が咲いている!

    b0209886_14551566.jpg



    とっさに
    狂い咲きかとビックリしましたが

    ネットで調べますと
    たまに小規模な二度咲きがあり
    珍しいことではないようです









    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-07-24 15:01 | 植物といきもの

    最強のキョウチクトウと昆虫カブトムシ




    猛暑にも負けないパワーのキョウチクトウ~☀


    近所の道路沿いに
    見事にキョウチクトウ(夾竹桃)が咲いてました


    b0209886_08290486.jpg



    濃いピンクの花と細い葉っぱのバランスが見事で
    華やかな雰囲気を醸し出していて
    南国のリゾート地っぽい

    夾 竹 桃 
    インドが原産らしい
    由来は
    桃の花に似ていること
    細い(夾)葉っぱは竹に似ていることかららしい


    b0209886_08370242.jpg



    今朝撮ったものですが


    猛暑も何のその
    生き生きと咲き誇っています

    b0209886_08524835.jpg



    以前にマイブログで

    ゴッホの≪夾竹桃≫と≪ムスメ≫で
    夾竹桃は毒を持っている
    と書いたことがありました


    夾竹桃は

    オレアンドリンoleandrin)という
    非常に強い毒を持っているという

    花言葉は
    用心 危険 油断しない

    天才ゴッホさんですが
    謎の死(ピストル自殺)を遂げましたが
    非常に気になるところです


    一昨日の夜
    2階ベランダの網戸に何かが
    バタバタと引っ掛かっていました


    なんと
    大きなカブトムシ!


    b0209886_09211512.jpg



    チョッとつまんで
    写真だけ撮ってすぐ逃してあげました



    b0209886_09250952.jpg


    いきものがかり
    (歌のグループ)

    って何のことだか
    サッパリワケわからなかったのですが
    ある時
    ああ、そうか!
    と理解しました~






    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-07-23 09:30 | 植物といきもの

    名まえが判明~犬枇杷



    青空に真っ白い雲~☀


    そろそろ夏休みが始まるのかしら



    前回、気になっていると書きました
    丸い実のなる木の名前ですが判明しました!

    犬枇杷 イヌビワ
    ficus erecta japanese fig


    でした

    b0209886_09253966.jpg




    隣家の窓の縦格子を背景に
    こぼれタネから育った木ですが

    よくよく眺めてみれば

    葉っぱの付き方や
    適度に広がった枝ぶりの
    樹形や
    色の変化のある実もたくさん付けていて
    それなりにイイ感じで風情がある

    悪くないよね。。


    b0209886_09342365.jpg


    特徴を掴もうと眺めながら

    なんとなく
    イチジクっぽい枝ぶりかな?
    実もなることだし。。


    ふと思いついて

    イチジクで検索すると
    イチジクはクワ科のイチジク属であることがわかりました


    Ficeae イチジク連
    Ficus イチジク属
    イチジクインドゴムノキガジュマルイヌビワイタビカズラ等750種


    イチジクの仲間にイヌビワがあり
    これだ!

    というわけで
    やっと判明しました!

    犬枇杷という名まえの由来は

    ビワに似た実がなることかららしい
    実はあまり美味しくないそうだ


    「犬」が付くのは
    その実について云っているようです

    犬=食べられない
    又は
    美味しくない
    役に立たない

    という意味があるらしい

    犬にとっては不名誉ですが。。


    驚いたのは

    犬枇杷は盆栽でも人気があるようです

    30㎝ほどの大きさ
    b0209886_09482231.jpg



    楽天よりお借りしました
    (3000円~5000円)

    お値段みてびっくり


    そんなわけで

    犬枇杷 イヌビワと
    名まえがわかってスッキリしました

    このまま切らず犬枇杷の四季を愉しみたいと思います

    きっとヒヨドリが落としたのかな








    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-07-21 10:08 | 植物といきもの

    小鳥の落とし物




    キンチョウの夏~☀


    今日もアツいです


    用事で出かけた先が涼しくて心地よかった~

    ところで

    以前から気になっている
    小鳥の落とし物の種から芽が出た
    木が大きく(1.5mほど)なって
    グリーンの1.5㎝~2㎝ほどのまん丸の実をたくさん付けている
    中には赤い実もある

    一体何の樹かしら?



    b0209886_16373328.jpg



    ちょっと気になるので
    この際
    検索してみました
    が。。

    赤い実のなる樹は沢山ありますが
    かなり大きな実(1.5~2.0㎝)でこれというものが
    イマイチ特定できません

    裏白の木(ウラジロnoキ)?

    大きくなるような木なら
    今のうちに伐採しなくてならないし。。












    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-07-19 17:10 | 植物といきもの

    今日も手づくりパン~オニオンとチーズとハムのパン




    今日もアッツイ日~☀



    ここんとこ我流のパン作りにハマってまして
    この年で今サラ感が否めませんが
    今日もコネコネして
    大好きなオニオンとチーズとハムのパンを
    焼きました~




    b0209886_12375320.jpg




    大小さまざまの不揃いですが

    とても美味しかった~



    b0209886_12365191.jpg



    YouTubeでパンの作り方がいっぱいあって
    なかなか面白いですが

    皆さん凄いですね








    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-07-18 12:51 | 暮らし・ハイ句

    胡瓜の花と驚きの成長



    今日はうすい雲が広がっている~⛅



    今朝のキュウリの綺麗な黄色のお花



    b0209886_11364775.jpg




    ちなみに

    マイ過去記事によれば
    6月6日に苗を植えています



    先日から2本収穫しているので
    約1カ月で大きく成長していることになる

    b0209886_11545618.jpg

    昨日

    水やりしていて気が付きましたが
    朝に小指位の大きさのものが

    夕方
    改めて見ますと

    なんと
    1.8倍ほどに大きくなっていて
    驚きました!

    なんて成長が速いのでしょうか!

    といっても
    あまり好きではないのですが。。


    お花の黄色がキレイ

    b0209886_12002142.jpg

    キュウリは
    初心者でも
    無難で簡単に栽培できるようです


    連日暑いですね

    昨日はついうっかりエアコン付けた部屋で
    朝から涼んでいましたら
    今日はグッタリです








    [PR]
    # by caramel24carat | 2018-07-17 12:07 | 植物といきもの